Home > 開花情報

開花情報 Archive

四国村でも桜が開花

  • 2018-03-25 (日)

20180325sakura_kaika.jpg

昨日3月25日、高松でも桜の開花宣言が発表されました。
各地から続々届く開花のニュースに少し遅れ気味?と感じますが、平年よりは4日早く、昨年と比べると9日も早い開花宣言です。

そして、四国村の桜の開花もスタートしました!

山桜やソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜、そして一番最後に咲くウコン桜...
というように、様々な種類の桜が楽しめるのも四国村の特徴です。

これから3~4週間、村内に桜が広がる春爛漫の時期になります。

20180325sakura_sidare.jpg

3/23 春の花情報(沈丁花など)

  • 2018-03-23 (金)

数日続いた雨も止んで、春の陽射しが戻ってきた四国村。
村内を周ってみると、さらにたくさんの花が開花していました。

まずは、周辺を良い香りで包んでいた沈丁花(ちんちょうげ)...

20180323tintyoge.jpg

地面の低いところで愛嬌のあるムスカリ...

20180323musukari.jpg

華やかでユニークなラッパ水仙...

20180323rappasuisen.jpg

古民家に良く似合う雰囲気のレンギョウ...

20180323rengyo.jpg

そして、ちょっと勇足?のチューリップも数本...

20180323turip.jpg

いよいよ”百花繚乱”とも言える四国村の春の雰囲気が広がっています。
桜、スモモの蕾も大きく膨らんで、あとは弾けるの待つだけ。
しばらく好天も続きそうで、気持ち良い散策がお楽しみいただけます。

春の花が次々開花、メダカも元気に。

  • 2018-03-17 (土)

この1週間ほどで、春の花々が一斉に咲き始めた四国村。

小豆島農村歌舞伎舞台の近くでは...

20180317anzu.jpg

遠目には桜?と間違えるほど似ていますが、枝にくっつくように花を咲かせている「杏(あんず)」が一斉に開花しています。

そして、なにやら面白い形の花も...

20180317tosamizuki.jpg

こちらは「土佐水木(トサミズキ)」です。
下木家住宅の前で、鮮やかな黄色の花が房状にぶら下がっています。

そして、まだまだ人気の「梅」と「水仙」のコラボ。

20180317ume.jpg

2月後半~3月上旬の厳しい寒の戻りで1~2週間開花が遅れた分、他の春の花々と同時期に楽しめることができるのも今年の特徴で、あと1週間ほどは見頃は続きそうです。

他にも、モクレンやサンシュユなど、春を彩る花が次々と開花しています。

さて、花々を眺める途中で、水中をそーっと覗いてみると...

20180317medaka.jpg

「メダカ」が今年も元気に泳ぎ回っています。
まだ生まれたばかりと思われる小さな小さなメダカもいます。

春本番が足早に近づいてきた四国村。
いよいよ後は春の主役「桜」や「チューリップ」の開花を待つばかりです。


水仙と梅の競演

  • 2018-02-27 (火)

早春の四国村の風物詩とも言える”水仙”と”梅”の競演が始まりました。

20180227A.jpg

寒かったせいか、梅の開花が昨年より1~2週間遅れましたが、先週末から陽当たりの良い場所の木は7~8部咲きまで一気に咲きました。

20180277B.jpg

桃源郷のような光景を心待ちにしてくださる方も多いですが、今年も無事にこれから2週間ほどお楽しみいただけます。

これから、春の花が次々と咲いて、3月末頃には四国村名物の「チューリップ畑」や「桜」へと続いていきます。

紅梅は見頃、白梅はほころび始め。

  • 2018-02-20 (火)

20180220ume.jpg

約30本の紅梅が見頃を迎えています。
寒の戻りもあったためか、日当たり具合によって開花のペースはマチマチでしたが、今は遠目に見ても鮮やかなピンクの一帯が広がっています。

20180220suisen.jpg

水仙畑に約20本ある白梅も1輪、2輪とほころび始めてきました。
今年は水仙がかなり先行して咲いたので、水仙と梅のコラボが見られるかどうか...
春めいた暖かな陽射しを受けて、白梅の開花が順調に進めば今月末から来月初めには、2つの競演が期待できます。

寒紅梅の開花が進んでいます

  • 2018-01-27 (土)

20190127ume.jpg

四国村の一画に20本ほどある「八重寒紅梅」の開花が進んでいます。
二十四節気の”小寒”から”立春”まの間が「寒中」となりますが、その時期に華やかに花が咲き始めるのが「寒紅梅」です。
昨年と比べると1週間ほど遅い気もしますが、今年もきっちりと寒中に開花して、2月初めには見頃になりそうです。
寒紅梅が咲くと、次は白梅。今年も2月中旬には水仙と白梅の競演が見られることを願っています。

今週は全国的に記録的な寒さに見舞われていますね。
四国村のある高松市屋島は、やはり瀬戸内の温暖な気候のせいか、冷え込んではいるものの、今年はまだ「雪が積もる」といったことはありません。
昨日は下の写真のように、久しぶりに雪らしい雪が舞いましたが、ほんの数分で止みました。

20190126yuki.jpg

寒波はあとしばらく続きそうな予報...
でも、春も少しずつ近づいてきています。
風邪やインフルエンザに注意して、この寒さを乗り切りましょう!

ギャラリー常設展スタート&マンサク開花始まる

  • 2018-01-20 (土)

企画展終了後、展示入替の為に休館させていただいていました「四国村ギャラリー」が今日から開館しています。
今回も、多数の所蔵品の中からルノワールの絵画など選りすぐりの作品を展示していますのでごゆっくりお楽しみください。

さて、今日は二十四節気の「大寒」。
一年で最も寒い時期がやってきましたが、今の寒さを乗り切ると2月4日には「立春」を迎えます。
水仙も2部咲きほどになり、梅も蕾が膨らみかえている四国村で、これも早春を告げる「マンサク」の開花が始まっています。

20180120.jpg

春が近づくと「まず咲く」が訛ってその名がついたとも言われるマンサク。
花びらが長い面白い花で毎年人気ですが、今は蕾から花びらが出てくる途中の様子も見られて、地味ながらも開花に気づいたお客様が写真に収めている姿をよくお見かけします。

「久米通賢邸」の前でご覧いただけますので、ご来村の折は是非ご覧くださいね。

ロウバイ見頃、水仙も開花順調。

  • 2018-01-09 (火)

20180109robai.jpg

年中さまざまな花が楽しめる四国村。
今、ロウバイが見頃です。
特に”砂糖しめ小屋”の横にある木は、例年あまり花がつかないのですが、今年は当たり年?のようで、写真のように黄色い可憐な花が咲き誇り、あたりに甘い香りが漂っています。

そして...

20180109suisen.jpg

”水仙”も日毎に開花が進んでいます。
水仙は村内のあちらこちらで見られ、合計すると何千本?何万本?に。
今はまだまだ一部ですが、早くもお客様の注目を集めています。

サザンカ、ロウバイ、水仙、ウメ...そしてサクラと続く冬から春への四国村の花リレー。

今が一年で最も寒い時期ではありますが、花を見ると季節は確実に春に向かっていることを教えてくれますね。

ロウバイ(蝋梅)の蕾もほころび始め

  • 2017-12-20 (水)

20171220robai.jpg

国の重要文化財「河野家住宅」前のロウバイが花開き始めています。
いつも迎春準備をしている間に、いつの間にか咲いていましたが、
今年は開花スタートもしっかり見ることができました。
咲いているのはまだほんの数輪ですが、蕾は多く、
周囲にほんのり甘い香りが漂いそうです。

先日お知らせした山茶花(さざんか)は、
いろんなところでどんどん開花が進み、今が見頃。
冬めいた光景の中に鮮やかな赤やピンクが目立ちます。

20171220sazanka.jpg

新年が近づくと毎年恒例の準備も多い四国村。
先週は古民家の軒下に「たこ足大根」を吊り下げました。
切り干し大根になっていくまでの様子もお楽しみいただけます。

20171220daikon.jpg

四国村も、わら家も年末年始無休です。
ご家族と、親戚の方々と、ぜひお越しくださいね。

山茶花(さざんか)が一斉に開花

  • 2017-12-10 (日)

20171110b.jpg

冬の訪れを告げる山茶花(さざんか)の開花がスタートして、日毎に赤やピンクの花がどんどん咲いています。

山茶花が咲くと、次はロウバイや水仙の蕾がほころび始めて、いよいよ年末年始も間近になってきたことを実感します。

たくさんの方にお楽しみいただいた紅葉も終わりに近づいていますが、しっかりと次の主役となる花々が待ち構えている四国村です。

20171110a.jpg

前の10件123|4|5678910次の10件

Home > 開花情報

Feeds
Archives

Page Top