Home

四国村ブログ

企画展”衣”作家トークイベント参加申込の受付終了

  • 2018-05-11 (金)

好評いただいている四国村ギャラリー企画展”衣”。
その特別イベントとして5/20に開催するアーチストトークイベントの申込を昨日5/10で受付終了させていただきました。

当初の定員は30名と考えておりましたが、催事決定のお知らせをした直後から次々とお申込みを頂戴し、できるだけたくさんの方に作家の皆さんのお話を聞いていただきたいということで、会場を当初予定していました四国村ギャラリーから丸亀藩御用蔵に移しての開催とさせていただきます。
(お申込みいただいた約50名の皆様は、全員受付OKです。会場では椅子をご用意しておりますが、座席位置は当日先着順で自由に着席いただきますので、ご了承くださいませ。)

なお、当日に観覧希望の方も館内に空きがありましたら、立ち見でご覧いただけます。
(館内満員となりましたら入場制限させていただきますので、ご理解ご協力をお願いします)

フランスとオーストリアのアーチストの皆さんが集う貴重な機会をどうぞお楽しみください。

※丸亀藩御用蔵は江戸時代に建設された藩の米蔵で白と黒の「なまこ壁」が目印です。入口から流れ坂沿いに進んでいただくか、小豆島農村歌舞伎舞台横の階段を上がっていただくと、美しい壁が見えてきます。

20180511marugame.jpg

※丸亀藩御用蔵は5/10~5/25まで、上記イベント開催準備および展示入れ替えの為に一般公開は行っておりません。ご理解とご了承の程お願いいたします。

企画展”衣~KOROMO~” 好評開催中

  • 2018-05-09 (水)

4月27日から始まった四国村ギャラリー企画展「衣~KOROMO」、おかげさまでたくさんのお客様から好評いただいています。

パリで活躍する染織作家の皆さんが、日本の文化や歴史から着想を得て表現した作品が並ぶ中で、その一部を紹介させていただきます。

20180509_1.jpg
作品名:実朝(さねとも)
作家名:Pietro Seminelli ピエトロ・セミネリ 
    (男性・フランス)

20180509_2.jpg
作品名:夕鶴(ゆうづる)
作家名:Anne-Laure Coullomb アンヌ=ロール・クローム 
    (女性・フランス)


20180509_3.jpg
作品名:草庵(そうあん)
作家名:Luc Druez リュック・ヅリュエーズ
    (男性・フランス)

20180509_4.jpg
作品名:陣羽織(じんばおり)
作家名:Peggy Derolez ぺギー・デロレーズ
    (女性・フランス)

20180509_5.jpg
作品名:鎖帷子(くさりかたびら)
作家名:Fiona Crestani フィオーナ・クレスターニ
    (女性・オーストリア)

いかがですか?
作品名も見ても日本への思いや想像力の豊かさが感じられ、そしてそれを繊細な感覚と技術で表現されていることが伝わるかと思います。

ご紹介したものはほんの一部ですが、会場内には、武士や戦を連想させる男性的なものから、日本の美しい情景まで目に浮かんでくるような作品までズラリと並んでいます。
是非お越しいただいて、写真ではお伝え出ない繊細さ、質感、大きさなどをご覧いただければ幸いです。

衣展は6月17日まで、四国村ギャラリーにて無休で開催しています。
どうぞお見逃しなく!

四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”
●期間 2018年4月27日(金)~6月17日(日)
●時間 9:00~17:00 (入館受付は16:30まで)
●場所 四国村ギャラリー
●料金 大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
※企画展期間中は、四国村入村料が一律で上記料金となります。
 (四国村の散策と、ギャラリー企画展の観覧がお楽しみいただけます。)

俳句・短歌 入選作品(2018年1~3月分)

  • 2018-05-08 (火)

四国村内では、散策をしながら俳句や短歌を自由に詠んでいただいて「俳句短歌ポスト」に投函いただいております。
今年1~3月にご応募いただいた作品の中から、選者の先生による選考の結果「入選作」が決定いたしました!

20180508haikunyusensya1_3.jpg

入選された皆様、そして惜しくも選にもれた皆様、心のこもった作品をたくさんお寄せいただきありがとうございます。
今回は寒さの厳しい期間でもありましたが、冬から春へと季節が移りゆく光景や期待を感じる作品が多かったような気がします。

ただいま村内では4~6月の作品を募集中です。
4月は花に囲まれ、今は新緑が煌めいて、これからは夏の足音が日々近づいてくる気持ち良い季節。
四国村へお越しの際には、散策途中にふと頭に浮かんだ俳句や短歌をぜひ投稿してみてくださいね。

20180508shinryoku.jpg

こどもの日&立夏

  • 2018-05-05 (土)

20180505a.jpg

今日5月5日は「こどもの日」「端午の節句」、そして二十四節気の「立夏」です。
暦の上では夏がスタートで、まさに今日の空は夏の気配。
青空に気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりを見て、元気な子供たちが「あ!こいのぼり!」と見上げてくれています。

歌舞伎舞台では、お子様連れのファミリーや外国人観光客の方が、
ズラリと並ぶ鎧や兜、五月人形をじっくりと見学。

20180505b.jpg


そして...

20180505c.jpg

今日のためにスタッフが手作りした「竹トンボ」や「竹笛」のサプライズプレゼントに大喜びで、30個ほど用意しましたがすぐに配布終了となりました。
(手作りのため、数量限定で配布させていただきましたのご了承ください)

こどもたちの笑顔と元気な声でいっぱいの四国村。
賑やかですが心あたたまる和やかなこどもの日を迎えています。

企画展”衣”スタート

  • 2018-04-27 (金)

本日から四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”がスタート!!

館内には日仏友好160年を機に、フランスとオーストリアの染織作家が日本文化に着想を得て創作した革新的な作品がズラリと並んでいます。

下の写真は、ピエトロ・セミネリ氏(フランス人間国宝)の作品「実朝」...

20170427_1sanetomo.jpg

そして、その作品から連想される四国村所蔵の貴重な民俗資料もご紹介。
下の写真はピエトロ氏の作品と関連して展示した四国村所蔵の鎧です。

20170427_2yoroi.jpg

というように、四国村ならではの展覧をお楽しみいただけます。

染織の質感や色、技術は写真ではお伝えきれませんので、是非ご来場いただきじっくりとご観覧ください。

四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”
●期間 2018年4月27日(金)~6月17日(日)
●時間 9:00~17:00 (入館受付は16:30まで)
●場所 四国村ギャラリー
●料金 大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
※企画展期間中は、四国村入村料が一律で上記料金となります。
 (四国村の散策と、ギャラリー企画展の観覧がお楽しみいただけます。)

koromo_1.jpg

koromo_2.jpg

※5月20日(日)14時~、今回の出展作家によるトークイベントを開催します。
事前申込制(定員あり・申込多数の場合は抽選)となっております。
詳細はお気軽にお電話にてお問い合わせください。

TEL:087-843-3111

More...

Home

Feeds
Archives

Page Top