四国村では、建物を中心とした民俗文化財の散逸崩壊を防止するよう努めております。今後も当財団の事業を永続的に達成していくための寄付金を募集しています。

【四国村】来たことのある 初めての場所

四国村日記
四国村とは? 四国村マップ・散策コース 村内紹介 お食事・休憩 入村案内 四国村への行き方

トップ > 寄付金のお願い

文字サイズ:標準 -

公益財団法人 四国民家博物館(通称 四国村)は、昭和51年に開館してから今年で30周年を迎えることができました。
ひとえに日本そして四国の文化を大切に思う多くの人々のご支援、ご協力の賜物と心から感謝申し上げております。

四国村はこの間、建物を中心とした民俗文化財を集落保存し、散逸崩壊を防止するとともに、展示、公開して、調査・研究・教育・鑑賞など広く文化・教育などの面で社会に貢献してまいりました。
館内の歴史的建造物は33棟を数えるまでになり、うち8棟は重要文化財に指定されるなど、その文化的価値は一段と高まってきております。
また、建物や民具などを生かした体験学習的な催しを充実させてまいりました。
一方で築後200年を超える建物、また移築してからも30年になる建物は、茅葺等も相当痛んできており、年々保存修理費は増加しております。

このような状況のもと、今後も当財団の事業を永続的に達成していくため、広く事業に賛同し、共感していただける方々からのご厚志を募ることといたしました。
なにとぞ、更なるご支援・ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

平成18年7月吉日
公益財団法人 四国民家博物館
理事長 加藤秀樹

寄付金募集事業

『旧河野家住宅』、『旧下木家住宅』(国の重要文化財)
『旧山下家住宅』(県の指定文化財)
『旧中石家住宅』(市の指定文化財)
上記四棟の屋根の茅葺替え事業を行います。募金にご協力をお願いいたします。

『旧河野家住宅』国指定重要文化財(建造物)

『旧河野家住宅』
国指定重要文化財(建造物)

『旧河野家住宅』は愛媛県、南予の山間部にありました。間口六間半、奥行三間半、寄棟造、茅葺で、両側に煙抜きの破風がついています。

『旧下木家住宅』国指定重要文化財(建造物)

『旧下木家住宅』
国指定重要文化財(建造物)

『旧下木家住宅』は、剣山の北斜面、一宇村にあった山村農家です。正面にのみ戸口を開いており、他の三方は壁で閉ざされており、オモテの前面には縁側が設けてあります。間口七間、奥行四間、寄棟造、茅葺です。

『旧山下家住宅』香川県指定文化財(建造物)

『旧山下家住宅』
香川県指定文化財(建造物)

『旧山下家住宅』は、香川県の東端、徳島県境にあった農家です。
間口四間半、奥行二間半、寄棟造、茅葺になっています。

『旧中石家住宅』高松市指定文化財(建造物)

『旧中石家住宅』
高松市指定文化財(建造物)

『旧中石家住宅』は、平家落人伝説で名高い祖谷山にあった山村農家で、母屋、隠居屋、納屋の三棟とも寄棟造、茅葺です。

募集要項

募集目標額 2千万円
募集期間 平成18年8月∼復原事業終了まで
応募方法 1口 = 1万円(口数はご随意)
1口以上募金を頂いた方のお名前を、茅葺替え後の邸内に掲示させていただきます。
※1万円未満の募金もお受けいたします。
税制上の優遇 個人の場合
確定申告をすることで、年間の寄付金額に対して所得税の優遇措置が受けられます。また、その他地方税(住民税)の控除や、相続税の控除を受けられる場合があります。

会社等法人の場合
一般の寄付金とは別枠で、一定限度額を別途損金に算入できます。

※優遇を受けるには、確定申告が必要になります。当財団が発行する領収書を添付して税務署へ提出してください。
お問い合わせ等 寄付金の送金方法など詳細は、下記までお電話かメールにてお問い合わせください。

〒761-0112 香川県高松市屋島中町91番地
 公益財団法人 四国民家博物館
TEL.087-843-3112  FAX.087-844-1831 
E-MAIL:info@shikokumura.or.jp
担当:星島

四国村の「文化財修復事業」趣旨にご賛同いただき、企業による博物館支援の申し出をいただいたのは、 以下の企業の皆様です。ありがとうございます。

  • 株式会社 藤木工務店 様
  • 株式会社 FPG 様
  • 株式会社 フジタ 様
  • 株式会社 百十四銀行 様
寄付金のお願い