安藤忠雄氏設計の「四国村ギャラリー」では、ルノワールやピカソなどの絵画や、オリエントの美術品などを展示しています。

【四国村】来たことのある 初めての場所

四国村日記
四国村とは? 四国村マップ・散策コース 村内紹介 お食事・休憩 入村案内 四国村への行き方

トップ > 村内紹介 > 四国村ギャラリー

文字サイズ:標準 -

 
民家・民具 伝統産業施設 村の共同施設 燈台 四国村ギャラリー 石の芸術 季節の花
イメージ

「四国村ギャラリー」は、四国村創設者の加藤達雄が収集した美術品を展示する美術館として、建築家・安藤忠雄氏設計により2002年に開館しました。ヨーロッパの絵画や、彫刻・仏像・青銅器・書など幅広い美術品の数々をゆっくりご堪能いただけます。

美術館のバルコニーからは、立地を生かして造成された「水景庭園」を眼下に臨むことができます。
こちらでご紹介している作品以外にも、数多くの作品が収集されています。ぜひ、ご覧ください。

村内紹介 四国村ギャラリー

展示美術品

裸婦

ピエール・ボナール(1867−1947)
78×41cm

ピエール・ボナールはフランスの画家で、ナビ派の中心人物の一人。パリの中産階級の身近な親しみやすい情景を、華やかで鮮やかな色彩を用いて描きました。

赤いブラウスの少女

オーギュスト・ルノワール(1841−1919)
41×40.5cm

ルノワールはフランスの印象派の画家で、特に人物を好んで描き、裸婦像、少女像などを得意としていました。暖かい色調で描いており、「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」などが代表作です。

金剛菩薩立像

銅造鍍金 総高27.1cm/北魏/煕平三
年銘(AD518年)

金銅仏とは、銅で鋳造した仏像に 鍍金(ときん)をほどこしたものをいいます。これは北魏時代のもので、煕平(516∼518)の年号を持つ菩薩像です。

海獣葡萄鏡

径16.5cm/唐/7世紀末

銅鏡は中国で、宗教・祭祀用具として使われていました。「海獣葡萄」とは文様の形式のことです。高松塚古墳から発掘されたものと寸分違わぬ文様の同笵鏡として知られています。

ラスター彩文字文長首壷

高19.2cm/イラン/AD13世紀頃

メソポタミアの地が発祥とされるラスター彩は彩色も文様も変化に富んでいます。その美しい発色の技法は極めて困難なものといわれています。
ラスターとは英語で「輝き・きらめき」という意味で、この技法で作られた陶器は金色に近い金属的な輝きを放つことからラスター彩という名称がうまれました。

ナギニー

石造/総高164cm/出土地:インド マトゥラー/製作年代:AD1世紀頃

ギリシャ系の顔をしたガンダーラ仏像に対し、マトゥラーの仏像は東洋系の顔をしています。
四国村ギャラリーと同サイズのナギニーがインド国立博物館、アメリカのネルソンアトキンス美術館にもあり世界に3体あることが確認されています。