Home > イベントスケジュール

イベントスケジュール Archive

ひな飾り①【2021/2/3】

  • 2021-02-03 (水)

20210203b.jpg

今日は立春、暦の上では春の始まりです。
2月2日が節分、2月3日が立春になるのは124年ぶりとのこと。
また来年からは3日が節分、4日が立春に戻ります。

四国村の農村歌舞伎舞台では「ひな飾り」が完成しました。
例年より1~2週間早く飾り付けを終えて、今日から公開させていただいております。
(2021年3月21日まで展示予定)

まだまだコロナの懸念が続く中ではありますが、オープンエアで自然豊かな四国村の散策を楽しみながら、ズラリと並ぶひな人形をご覧いただいて、これから近づいてくる春を感じていただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四国村はSNSなどでも旬の情報をお届けしています!

四国村facebookページ
facebook20210109.jpg

インスタグラムページ
insta20210109.jpg

YouTubeチャンネル
youtube20210109.jpg

また、四国村がある”屋島”の新しい動画がYouTubeで配信されています。
普段あまり見たことがない角度からの映像も是非お楽しみください。

屋島PV動画 「屋島旅~秋空散歩編~」
yashimamovie20210109.jpg

あけましておめでとうございます。【2021/1/1】

  • 2020-12-30 (水)

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

20201230a.jpg

四国村では毎年、それぞれ古民家がもともとあった地域や県に言い伝わるお正月飾りをして新年を迎えています。
その地域や暮らしぶりによって、さまざまな形で新年への願いや祈りが込められた飾りをご覧いただけます。
お越しの際には普段の散策とともに、ゆっくりとご覧くださいませ。

<四国村のお正月飾り>
2020年12月30日~2021年1月11日(予定)

(写真上)
香川県東かがわ市から移築した「山下家住宅」では新年の大漁や豊作を願って、神棚にブリや野菜を吊っています。

(写真下)愛媛県から移築した「河野家住宅」では、見通しが良い”メガネ”や縁起の良い”エビ”とも呼ばれるユニークな形のしめ縄が戸口に飾られています。

20201230b.jpg

四国村は年中無休で、お正月期間も開村しております。
オープンエアでゆっくりと散策をお楽しみいただけますので、皆様のお越しをお待ちしております。

ロウバイが咲き始め【2020/12/28】

  • 2020-12-28 (月)

IMG_2313.jpg

雨上がりに村内を巡回してみると、山下家住宅前のロウバイが一斉に咲き始めていました。

毎年この時期に開花して、お正月がもうすぐそこまで来ていることを教えてくれます。

四国村では毎年恒例となっている”四国各地に伝わるお正月飾り”の準備が進んでいます。
できあがった所から順次公開しており、12月30日から全ての飾りをご覧いただけます。(1月11日まで)

※下の写真は、徳島県南部の漁師町にあった「吉野家住宅」で飾り付けができた飾りです。漁師の家らしく、神棚に魚を吊って新年の大漁を願います。

IMG_2235.jpg

四国村ギャラリー企画展スタート【202012/19】

  • 2020-12-19 (土)

20201219a.jpg

本日12月19日より四国村ギャラリー企画展「古代文明の十字路」がスタート。
インダス文明に前後する時代にバローチスターン地方に栄えた先史文化に属する彩文土器と土偶を展示しています。色鮮やかに描かれた文様や、動物や人型の小さな土偶にみるユニークな造形美をご覧いただけますので、どうぞお楽しみください。

20201219b.jpg

「古代文明の十字路」
-インダス文明を支えたバローチスターンの土器と土偶-

2020年12月19 日(土) ~ 2021年3月14 日(日)
※会期中無休
※ギャラリー開館時間 9:00 ~ 16:30(入館は16:00まで)

[主催]  公益財団法人 四国民家博物館
[協力]  カトーレック株式会社
[企画]  上杉 彰紀
     (金沢大学国際文化資源学研究センター特任准教授)
[監修]  谷一 尚
    (林原美術館館長)
[料金]  一般1,000円 高校生600円 小中学生400円 
     ※四国村入村料でギャラリーも入館できます。
     ※今回の企画展は特別料金の設定はありません。

★ご入館の際には、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用や手指の消毒、検温にご協力をお願いいたします。

★企画展開催期間中は、絵画などの収蔵品コレクションの展示はありませんので予めご了承ください。

20201219c.jpg

安藤建築の四国村ギャラリーでは、美しい庭園もお楽しみいただけます。
冬の寒い時期ですが、ぜひゆっくりとお過ごしください。

20201212e.jpg


12/19~企画展開催のお知らせ ※12/14~18 四国村ギャラリーのみ臨時休館

  • 2020-12-02 (水)

四国村ギャラリーでは、来る12月19日より企画展「古代文明の十字路」を開催いたします。

※企画展開催のため四国村ギャラリーは12/14~18まで臨時休館となります。
 (ギャラリーのみ休館で、古民家散策は通常通りお楽しみいただけます。)
※企画展開催期間中は、収蔵品の展示はありませんので予めご了承ください。

古代文明の十字路
-インダス文明を支えたバローチスターンの土器と土偶-

2020年12月19 日(土) ~ 2021年3月14 日(日)
※会期中無休
※四国村ギャラリーの開館時間 9:00 ~ 16:30(入館は16:00まで)

[主催]  公益財団法人 四国民家博物館
[協力]  カトーレック株式会社
[企画]  上杉 彰紀 (金沢大学国際文化資源学研究センター特任准教授)
[監修]  谷一 尚 (林原美術館館長)
[観覧料] 一般1,000円 高校生600円 小中学生400円 
※四国村入村料でギャラリーも入館できます。
     ※今回の企画展は特別料金の設定はありません。
[後援]  香川県・高松市

今回の企画展では、インダス文明に前後する時代にバローチスターン地方に栄えた先史文化に属する彩文土器と土偶を展示。色鮮やかに描かれた愛らしい動物の文様と人型の小さな土偶にみるユニークな造形美をご覧いただけます。


202012kikakuten_A.jpg

202012kikakuten_B.jpg

11/23(月・祝)イベント”BBモフラン交流コンサート”開催のお知らせ【2020/11/9】

  • 2020-11-09 (月)

20201123event_mofran.jpg

11月23日(月・祝)世界の様々な楽器を使った音楽イベントを開催します。
劇団四季初代打楽器奏者・BBモフランの演奏する音楽に耳を傾けながら、深まる秋の休日をお楽しみください。

BBモフラン交流コンサートin四国村

▶ 日 時 2020 年11 月23 日(月・祝)10時30分~
      ※約1時間程度の予定 ※雨天の場合は中止
▶ 会 場 四国村( 香川県高松市屋島中町91 ☎087-843-3111)
▶ 入村料 一般 1,000 円/高校生 600 円/小中学生 400 円
      ※イベントの観覧は無料です。

■感染症拡大防止のため、下記ご協力をお願いします■
・発熱時や体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。
・マスクを着用するなど咳エチケットにご協力ください。
・ほかの方との距離を十分に確保してください。
・混雑時には入場制限を行うことがございます。
・COCOA(厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ)や、LINE アプリ「かがわコロナお知らせシステム」をご活用ください。

11/3(火・祝)イベント”農藝祭”開催のお知らせ【情報更新再掲・2020/10/31】

  • 2020-10-31 (土)

nougeisai.jpg

11月3日(火・祝)農村歌舞伎舞台にて、音楽や舞をお楽しみいただける”農藝祭”を開催いたします。散策の合間にホッと心和むような観覧フリーのイベントですので、どうぞお楽しみください。(予約不要・四国村入村料でご覧いただけます)

四国村 農藝祭
▶ 日 時 2020 年11 月3 日(火・祝)/ 10 時~16 時
▶ 会 場 四国村/農村歌舞伎 舞台 
      香川県高松市屋島中町91 ☎087-843-3111
▶ 入村料 一般 1,000 円/高校生 600 円/小中学生 400 円
▶ タイムテーブル
  10:00      開場
  11:00 ~ 12:00  YURAI
  12:00 ~ 13:00  昼休憩・みんなでお弁当タイム
   (12:15〜 地球の民のユニット マナフネ2015 +ノーミンズ)
  13:00 ~ 13:30  Nomad Band
  13:40 ~ 14:20  松山真理 Live Paint × Jazz Trio
  14:30 ~ 15:00  荘内バンドと母ちゃんズ
  15:10 ~ 15:40  圭帆
  15:40 ~ 16:00 「フィナーレ」雨ニモマケズをみんなで!

※詳細情報は”農藝祭”イベントHPをご覧ください。
※スケジュール等は変動する場合がございます。

<主催・お問い合わせ>
農藝祭 実行委員会
E-Mail    nougeisai@gmail.com
WEBページ http://nomad-music.net/nougeisai/
Facebook   https://www.facebook.com/nougeisai

■感染症拡大防止のため、下記ご協力をお願いします■
・発熱時や体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。
・マスクを着用するなど咳エチケットにご協力ください。
・ほかの方との距離を十分に確保してください。
・混雑時には入場制限を行うことがございます。
COCOA(厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ)や、
LINE アプリ「かがわコロナお知らせシステム」をご活用ください。

11/3(火・祝)イベント”農藝祭”開催のお知らせ【2020/10/15】

  • 2020-10-15 (木)

nougeisai.jpg

11月3日(火・祝)農村歌舞伎舞台にて、音楽や舞をお楽しみいただける”農藝祭”を開催いたします。
散策の合間にホッと心和むような観覧フリーのイベントですので、どうぞお楽しみください。

四国村 農藝祭
▶ 日 時 2020 年11 月3 日( 火) 祝日/ 10 時~16 時
▶ 会 場 四国村/農村歌舞伎 舞台 
      香川県高松市屋島中町91 ☎087-843-3111
▶ 入村料 一般 1,000 円/高校生 600 円/小中学生 400 円
▶ タイムテーブル
  10:00     開場
  11:00 ~ 12:00 スケジュール調整中
  12:00 ~ 13:00 昼休憩・みんなでお弁当タイム
  13:00 ~ 13:40  「松山真理 Live Paint × Jazz Trio」
         松山 真理(paint)・國井 類(sax)
         Syo Michael(pf)・生田知保(Dr)
  13:50 ~ 14:20  「Nomad Jam Session」
  14:30 ~ 15:00  「かあちゃんず& とおちゃんず」
  15:10 ~ 15:40  「圭帆」
  15:40 ~ 16:00  「フィナーレ」雨ニモマケズをみんなで!

※予定は今後も変動する可能性があります。
 最新情報は”農藝祭”イベントHPをご覧ください。

<主催・お問い合わせ>
農藝祭 実行委員会
E-Mail    nougeisai@gmail.com
WEBページ http://nomad-music.net/nougeisai/
Facebook   https://www.facebook.com/nougeisai

■感染症拡大防止のため、下記ご協力をお願いします■
・発熱時や体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。
・マスクを着用するなど咳エチケットにご協力ください。
・ほかの方との距離を十分に確保してください。
・混雑時には入場制限を行うことがございます。
COCOA(厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ)や、LINE アプリ「かがわコロナお知らせシステム」をご活用ください。

八朔飾り【2020/9/10】

  • 2020-09-10 (木)

20200910.jpg

丸亀藩斥候番所で、香川県西部に伝わる「八朔飾り」(八月の朔=旧暦で8月の初日)の風習を紹介しています。

団子で馬を作って節句が終わると近所の人に振る舞う「団子馬」や三豊市の伝統工芸品「張子虎」といった勇猛な動物の人形を飾って、男児の健やかな成長を祈願したこの行事。
今では端午の節句と内容が重なるため、見る機会も少なくなっています。

今年は9月17日が旧暦8月1日にあたり、四国村では9月27日(日)まで展示予定ですので、お越しの際には是非ご覧ください。


風鈴飾りは8/30(日)まで【2020/8/28】

  • 2020-08-29 (土)

20200829_1.jpg

8月最後の週末も快晴、まだまだ夏の陽射しが降り注ぐ四国村です。

多くの方から好評いただいています夏の風物詩”風鈴飾り”も、いよいよ8/30(日)までとなりました。

20200829_2.jpg

涼しい音色に加えて、歌舞伎舞台ではコロナウィルス感染防止のため臨時休館した期間にご覧いあただけなかった”端午の節句飾り”をアレンジして風鈴とコラボ展示したことで、例年とは違う夏をお楽しみいただきました。

また、各地のお祭りや花火大会が開催中止になったためか、浴衣姿のお客様も多く、風鈴や古民家、鮮やかな緑をバックに写真撮影をされている光景もよくお見かけしました。

20200829_3.jpg

もうすぐ9月、風鈴の季節が過ぎて秋の足音が近づいてくる頃です。
今年はまだまだ残暑が厳しいですが、その中に小さな秋を見つけるのも楽しい時期がやってきます。


※実は今年”古代ハス”が7月になっても葉が出ず、いわゆる”ハズレ年”かと思っていましたが、今になって1つだけ小さな蕾が姿を見せています。
その年ごとに、いつ咲くか、いくつ咲くかも全く予想がつかないのも古代ハスの特徴であり、面白いところでもありますが、今年はおそらく最初で最後の1輪となりそうです。
無事に開花しましたら、あらためてこちらでもお知らせさせていただきます。

20200829_4.jpg

前の10件1|2|345678910次の10件

Home > イベントスケジュール

Feeds
Archives

Page Top