Home > 瀬戸内国際芸術祭2019

瀬戸内国際芸術祭2019 Archive

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉚【22作品を巡る楽しみ】

20191010_1.jpg

瀬戸内国際芸術祭秋会期も連日たくさんの方にお越しいただいています。

特に四国村ではアート作品が22点もあって、大勢のお客様がマップを見ながら散策してくださっている姿をよくお見かけします。

日毎に深まる秋を感じながら進むと、牛が現れたり...

20191010a.jpg

カラフルなカプセルがあったり...

20191010b.jpg

秋風に揺れる風鈴のトンネルがあったり...

20191010c.jpg

と、四国村を散策しながら登場するアート巡りがお楽しみいただけます。

出発とゴール地点にはすっかりお馴染みとなった、池に浮かぶボトルの作品...

20191010d.jpg

芸術祭秋会期は11月4日(月・祝)まで。
多くのアート作品を鑑賞できる四国村で、秋の休日を満喫してくださいね。


瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉙【サファリ・P「悪童日記」】

20191005safariP_a.jpg

10月5日(土)19時から、瀬戸内国際芸術祭2019イベント公演 サファリ・P「悪童日記」が開催されました。

開演から独特のパフォーマンスとセリフや語りで、集まってくださったたくさんの観客の皆様を魅了。
江戸時代に建てられた農村歌舞伎舞台で、現代の照明や音響も駆使された演劇が繰り広げられ、秋の夜のひとときをお楽しみいただきました。

ご覧いただきましたお客様、出演者やスタッフの皆様、ありがとうございました。

20191005safariP_c.jpg

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉘【イベント公演日迫る!】

20191003a.jpg

劇団「サファリP」の皆さんによる芸術祭イベント公演が、いよいよ10月5日(土)に迫ってきました。

瀬戸内国際芸術祭2019公式ページは...ここをクリック!

You TubeではPV動画も公開されています...ここをクリック!

小豆島から四国村へ移築された農村歌舞伎舞台では照明や音響設備の準備が進んでいます。

20191003b.jpg

20191003c.jpg

江戸時代建築の舞台で、新進気鋭の劇団が繰り広げる公演。
準備が進むにつれて期待が高まってきます。

イベントの詳細やチケット購入は公式ページをご覧ください。
https://setouchi-artfest.jp/event/detail318.html

※前売券は四国村入村窓口でも販売しています。(10月4日まで)

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉗【9/28から秋会期スタート】

20190926a.jpg

9月28日(土)から瀬戸内国際芸術祭秋会期がスタート。

春、夏の会期でも注目を集めた「Suitcase in a Bottle」(作者:ラムカツィール)に加えて、8月19日の公開以来すでに多くの方に鑑賞いただいています東京藝術大学とシカゴ美術館附属美術大学の共同プロジェクト「Place out of Time」の作品の数々も、あらためて秋会期公式アート作品としてお楽しみいただけます。

村内にアート作品が計22作品も並ぶ今年の秋の四国村。

萩の花も見頃を迎え、日毎に秋の空気に包まれてきた中で、是非ゆっくりと散策をお楽しみください。

20190926hagi.jpg


芸術祭イベント公演(10/5 サファリ・P 「悪童日記」)情報は...
https://setouchi-artfest.jp/event/detail318.html

芸術祭公式バスツアー(ハーフデーツアー) のご案内は...
https://setouchi-artfest.kotobus.com/special/halfday_takamatsu.html


四国村facebookページでも旬の情報を配信しています◆
https://www.facebook.com/shikokumura/

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉖【秋会期スペシャルツアーのお知らせ】

瀬戸内国際芸術祭の秋会期期間中、四国村~屋島~北浜アリー~香川県庁展望室を巡るハーフデーツアーが実施されます。

四国村で日米大学共同プロジェクト作品21点の鑑賞や、香川県庁展望室で夜景プロジェクションマッピングといった秋会期に加わる新しい見どころも含むツアーとなっていますので、是非ご参加してみては?

詳細は、瀬戸内国際芸術祭スペシャルツアーページをご覧ください。
https://setouchi-artfest.kotobus.com/special/halfday_takamatsu.html

20190909tour.jpg

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉕【10/5イベント公演のお知らせ】

瀬戸内国際芸術祭秋会期は9/28(土)からスタート。

四国村では春会期に「キネマと音楽の夕べ」、夏会期に「切腹ピストルズ」の芸術祭イベント公演を行いましたが、秋会期には10/5(土)に下記のイベントが開催されます。

<瀬戸芸イベント公演 サファリ・P「悪童日記」>

【日時】
2019年10月5日(土)19:30~20:30(開場18:30)
※当日、四国村の開村時間(昼間)は8:30~17:00(最終受付16:00)となりますので、あらかじめご了承ください。

【場所】
四国村内 農村歌舞伎舞台(江戸時代建築・小豆島から移築)

【料金】
前売り2,000円、当日2500円、小中高1,500円

気鋭の劇団サファリ・Pが、小説『悪童日記』を舞台化。
原作を知らない観客にも世界観が伝わるよう緻密に構成され注目を集める演劇作品が四国村の農村歌舞伎小屋で深化を遂げます。

詳細やチケット購入は、芸術祭公式HP紹介ページをご覧ください。
https://setouchi-artfest.jp/event/detail318.html

いよいよ今回の芸術祭も残すところ秋会期だけとなりました。
四国村で、作品の鑑賞もイベントも満喫してくださいね。

20190909safariP.jpg


瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉔【猪熊弦一郎展 9月8日まで】

0901a.jpg

4月26日にPart1(前期)が開幕し、7月19日からPart2(後期)をお楽しみいただいている四国村ギャラリー特別企画展「猪熊弦一郎展~私の好きなもの~」も、いよいよ9月8日(日)までとなりました。

09014.jpg

09015.jpg

09013.jpg

生涯にわたって、表現が変化し続けた絵画作品や、

09011.jpg

09012.jpg

身近にあるものにも美しさ見出して創り出した作品。
さらに...

09017.jpg

美しさや面白さを感じて収集した愛蔵品もズラリと並ぶ展示。

今回の展覧会を見て、さらに猪熊弦一郎の魅力に引きこまれたファンや、新しく猪熊弦一郎に深い関心を持ったお客様もたくさんいらっしゃいます。

会期もあとわずかとなりましたが、終了まで皆様のお越しをお待ちしております。

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉓【グローバルアート共同プロジェクト】

ap0.jpg

東京藝術大学とシカゴ美術館附属美術大学の共同プロジェクトによるアート作品展示が8月19日にオープニングを迎えました。

10時から異人館でオープニングセレモニーを開催。
猛暑や台風到来もあった中、約1週間の滞在制作で作品を作り上げた作家さんたちの笑顔が印象的でした。

ap1.jpg

そして、セレモニー終了後から夕方にかけて、作家さんたちが自身の作品を説明して周り、お客様にお聞きいただいたり、作家さん同士で質問や感想、意見交換を行いました。

ap2.jpg

ap5.jpg

ap6.jpg

ap7.jpg

瀬戸内国際芸術祭夏会期は8月25日までですが、今回のプロジェクト作品は秋会期作品として紹介され、11月4日まで展示されます。
(9月26日と27日はメンテナンスのため展示休止)

四国村の古民家や自然の中に現れるアート作品の数々をお楽しみください。

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉒【猪熊弦一郎展Part2 その3】

20190805.jpg

大きな絵画作品が数多く並ぶ会期Part2の中で、陶板のレリーフ「横顔」(1992年)にも注目が集まります。

本展の企画監修をいただいた編集者の岡本仁さん「この横顔のモデルは“イサム・ノグチ”に見える」と話してくださいました。

このレリーフは猪熊弦一郎の最晩年の作品。
年齢を重ねて、大切な友や仲間たちを失っていく猪熊弦一郎の寂しさも感じられる作品の前で足を止めてじっくりと鑑賞するお客様が数多くいらっしゃいます。

連日の厳しい暑さにもかかわらず、たくさんのお客様にお越しいただいている企画展。
安藤建築で楽しむ猪熊ワールド、是非ゆっくりとご堪能ください。

20190805b.jpg

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村㉑【猪熊弦一郎展Part2 その2】

20190729.jpg

「鳥とドール」(1990年)は、会期Part2の人気作品のひとつ。

70年という長い画業の中で、作風が変化した猪熊弦一郎。
具象画から抽象画、そしてその2つの要素が同居する作品も。

描かれた年代に沿って作品をみていくと、具象、抽象、さらにその枠組みを超えて、「美しさ」を追求していった猪熊弦一郎の魅力を感じます。

|1|23次の10件

Home > 瀬戸内国際芸術祭2019

Feeds
Archives

Page Top