Home > 行われたイベント

行われたイベント Archive

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村⑲【7/20イベント開催レポート】

7/20(土)に、瀬戸内国際芸術祭2019夏会期にちなんだ催しを開催。
午前中はあいにくの小雨でしたが、夕方になるにつれて天気も回復して、たくさんの方にお楽しみいただけました。

まずは、芸術祭のイベントとして「切腹ピストルズ“村をつくる”の巻。

11時から15時まで、江戸時代に建てられた各民家で、当時の暮らしを感じる様々なワークショップを展開。

20190722_1.jpg

20190722_2.jpg

20190722_3.jpg

20190722_4.jpg

20190722_5.jpg

そして19時からは小豆島から移築した農村歌舞伎舞台で、太鼓や鉦が鳴り響く賑やかなライブがスタート。

20190722_6.jpg

ラストには、演者と観客が一体となって盛り上がり、お祭り騒ぎの夏の夜をお楽しみいただきました。

20190722_7.jpg


もうひとつ、7/20に実施した特別イベントが、四国村ギャラリー企画展でのギャラリートーク。

芸術祭の県内連携事業として4月にスタートした企画展「猪熊弦一郎展」。
7/19からPart2が始まり、今回の企画展の監修をしてくださった編集者・岡本仁さんをお迎えしてのトークイベントに、猪熊ファン、岡本ファンが大勢集まってくださいました。

20190722_8.jpg

20190722_9.jpg

20190722_10.jpg

セレクト~展示まで携わっていただいた岡本さんのお話は大変興味深く、美術の専門家ではなく編集者目線での展示を堪能いただきました。

いよいよ夏本番の始まり。
今年の夏は古民家はっもちろん”アート”もお楽しみいただける四国村へ、ぜひお越しくださいね。

瀬戸内国際芸術祭2019×四国村⑥【GW来村御礼】

今年のGWは過去例を見ない10連休でしたね。
連日多数のお客様にご来村いただきありがとうございました!

瀬戸内国際芸術祭の作品や連携事業の「猪熊弦一郎展」をお目当てにお越しの方も多く、古民家や自然と合わせてアートもお楽しみいただきました。

池に浮かぶ瀬戸芸作品「Suitcase in a Bottle」(作者:ラム・カツィール氏)は、芸術祭を巡る方だけでなく、観光でお立ち寄りいただいたお客様からも大人気...

20190508a.jpg

5月5日と6日には四国村ギャラリーにて、今回の「猪熊弦一郎展」を企画監修してくださった編集者・岡本仁さんのトークイベントを開催。
キュレーターではなく編集者目線で見た”いのくまさん”の魅力について、ご参加いただいた方が熱心に、そして和やかに耳を傾ける様子も...

20190508b.jpg

そして5月5日の19時からは小豆島から移築した農村歌舞伎舞台にて、瀬戸芸イベント公演「キネマと音楽の夕べ」を開催。
約300人の観客が、NHK大河ドラマでも活躍する音楽家の生演奏と鬼才・坂本頼光さんの活弁によって、見事に命が吹き込まれる無声映画の上映をお楽しみいただきました。

20190508c.jpg

20190508d.jpg

大型連休は過ぎましたが、瀬戸内国際芸術祭は続きます。
新緑も楽しめるこの時期、四国村と現代アートのコラボをゆっくりお楽しみください。

★四国村facebookページでも旬の情報配信中★

★瀬戸内国際芸術祭2019全体の情報は、下記バナーをClick★
瀬戸内国際芸術祭2019

流れ坂の紅葉が進んでいます!(2018/11/11)

  • 2018-11-11 (日)

1110nagarezaka.jpg

四国村の入口から続く”流れ坂”の紅葉がこの数日で一気に進んできました。
大きなモミジが並ぶこの場所は、四国村の中でも最も早く色づく場所。
入村いただいたお客様が写真に収める姿も見られるようになりました。

そして...

1110kazurabashi.jpg

人気の”かずら橋”の周りでもウルシの仲間が赤く色づいてきています。

流れ坂やかずら橋を皮切りに、これから村内のモミジも一気に色づいてきそうな予感...。

11月1日は”灯台記念日”

  • 2018-11-01 (木)

わが国初の洋式灯台である「観音埼(かんのんさき)灯台」(神奈川県横須賀市)の起工日である1868年(明治元年)11月1日にちなんで、毎年11月1日は「灯台記念日」に定められています。

四国村では、今は”ウサギ島”として話題の「大久野島」にあった灯台をご覧いただけます。

20181101a.jpg

この灯台が建築されたのは1889年(明治26年)で、明治政府おかかえの英国人技師たちが設計から建築、運営に携わっていたころの話です。

そして、灯台の他にも「退息所」と呼ばれる灯台職員が暮らした住居が3棟並んでいます。

淡路島の江埼灯台退息所(明治4年建築)、坂出の鍋島灯台退息所(明治6年建築)、愛媛のクダコ灯台退息所(明治36年)で、灯台技術導入時に英国人たちが暮らした洋風建築から、日本人も技術を取得して和洋折衷の建物に変遷していく歴史が感じられます。

それぞれ屋内にお入りいただけますので、お越しの際には是非部屋の様子や間取りもご覧くださいね。

20181101b.jpg

20181101c.jpg

子ども歌舞伎

  • 2018-10-07 (日)

本日、小豆島農村歌舞伎舞台にて、秋の恒例「子ども歌舞伎」が開催されました。

台風やその影響により中止や変更も懸念されましたが、今日は秋空が広がり、四国村でも約34℃と猛暑日一歩手前。
そんな中で、平賀源内が作った演目「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」を、高松市立香川第一中学校郷土研究部の皆さんが中学生とは思えない熱演で会場を魅了してくれました。

20181007a.jpg

20181007b.jpg

20181007c.jpg

20181007d.jpg

屋島の周辺でも、各地で秋祭りが開かれているこの3連休。
いよいよ収穫の秋本番を感じます。

秋の風に乗ってキンモクセイの香りも漂い始めてた四国村もこれからますます秋が深まっていきそうです。

★facebookでも最新情報をお届けしています★
https://www.facebook.com/shikokumura/

★四国村と合わせて屋島の情報も是非ご覧ください★
https://www.facebook.com/yashimanavi/

俳句・短歌 入選作品(2018年4~6月分)

  • 2018-07-22 (日)

四国村内では、散策をしながら俳句や短歌を自由に詠んでいただいて「俳句短歌ポスト」に投函いただいております。
今年4~6月にご応募いただいた作品の中から、選者の先生による選考の結果「入選作」が決定いたしました!

haiku201806.jpg

入選された皆様、おめでとうございます!
そして惜しくも選にもれた皆様も心のこもった作品をたくさんお寄せいただきありがとうございました。
今回は春の花から新緑を楽しめる期間で、春のワクワクするような気持ちや春から夏へと季節が移りゆく光景を詠んだ作品が多く、本当に素敵な作品が多数ありました。

ただいま村内では7~8月の作品を募集中です。
最近ではギラギラとした真夏の太陽が照りつけ、セミの声が響き渡る中で、風鈴や水流の音を聞きながらの散策をいただいています。そしてこの暑さのピークも過ぎる8月後半になると、小さな秋も見つかる時期になります。
四国村へお越しの際には、散策途中にふと頭に浮かんだ俳句や短歌をぜひ投稿してみてください。
どしどし投句をお待ちしております!!

20180722fuurin.jpg

こどもの日&立夏

  • 2018-05-05 (土)

20180505a.jpg

今日5月5日は「こどもの日」「端午の節句」、そして二十四節気の「立夏」です。
暦の上では夏がスタートで、まさに今日の空は夏の気配。
青空に気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりを見て、元気な子供たちが「あ!こいのぼり!」と見上げてくれています。

歌舞伎舞台では、お子様連れのファミリーや外国人観光客の方が、
ズラリと並ぶ鎧や兜、五月人形をじっくりと見学。

20180505b.jpg


そして...

20180505c.jpg

今日のためにスタッフが手作りした「竹トンボ」や「竹笛」のサプライズプレゼントに大喜びで、30個ほど用意しましたがすぐに配布終了となりました。
(手作りのため、数量限定で配布させていただきましたのご了承ください)

こどもたちの笑顔と元気な声でいっぱいの四国村。
賑やかですが心あたたまる和やかなこどもの日を迎えています。

屋根葺き替え工事見学会が無事終了

  • 2018-02-26 (月)

2月24日(土)10時から山下家住宅の屋根葺き替え工事の見学会を実施しました。

地元の屋島小学校3年生と4年生の中から事前申込にる抽選で選ばれた10組27名が集合して、2班に分かれてスタートした見学会。

まずA班がヘルメットをかぶって足場を上り、葺き替え中の屋根を見学。

実際に葺き替えている所を間近に見たり...

20180224b.jpg

職人さんから手順や道具の使い方を見せてもらったり...

20180224a.jpg

A班が屋根に上っているいる間、B班はススキやヨシなどの材料や専用の道具をじっくりと見て、触れて、体感...

20180224c.jpg

そしてA班、B班が途中で交代して、合計約1時間の見学会が無事に終了。
帰り際に「できあがったら見に来るね」と元気に手を振る子も。
初めて見る茅葺き屋根の葺き替え工事に、かなり興味を抱いてくれたようです。

13時から15時は一般の来村者の方々にも自由参加の形で開放。
約30名の方が、順次交代で足場の上での見学をお楽しみくださいました。

数十年に1度の貴重な場面を体験いただいた皆様、ありがとうございました。

天候にも左右されますが、3月下旬には新しい屋根になった山下家住宅をご覧いただけると思いますので、是非またお越しくださいね。

四国村のひな飾り

  • 2018-02-16 (金)

毎年恒例となり、楽しみにしてくださる方も多い"四国村のひな飾り"。
いよいよ明日から、歌舞伎舞台や古民家で全て揃った状態でご覧いただけます。

201802016B.jpg

古民家は今月初めから飾り初めて、できあがった所から順次ご覧いただいていましたが、今日の夕方にはメインの歌舞伎舞台の飾りも完成。

20180216A.jpg

幕を開けた時にちょうどお越しになった韓国からの団体様も大歓声を上げて、こぞって記念写真を撮ってくれていました。

舞台の飾りは3月末まで、古民家は旧暦にちなんで今年は4月18日まで展示予定。
今年はここ数年で最も多くの雛人形を飾っていますので、ぜひ皆様も見に来てくださいね。


ぜんざい振舞い盛況、企画展は明日14日まで(15~19日はギャラリー臨時休館)

  • 2018-01-13 (土)

20180113kagamibiraki.jpg

鏡開きにちなんで恒例行事となっている「ぜんざい振舞い」に、今年もたくさんの方がお越しくださいました。
炭で焼くお餅、薪で炊く小豆汁...やっぱり昔ながらの方法で作るとどうしてこんなに美味しいんでしょうか!?
「新年を迎えたらこれが楽しみ」と毎年常連のお客様から、たまたま今日訪れてくださった海外からの観光客の皆様まで、笑顔いっぱいの和やかムードで大盛況でした。

11月18日から開催していました四国村ギャラリー企画展「お弁当箱ライブラリー」がいよいよ1月14日(日)で最終を迎えます。
紅葉の時期や年末年始もあって、大人のみならず家族旅行でお越しになったお子様にもお楽しみいただいた今回の企画展。
残りわずかですが、終了までたくさんのお客様のお越しをお待ちしております。

20180113bentolast.jpg

【四国村ギャラリー 1月15日~19日 臨時休館のお知らせ】
企画展終了後 15日(月)から19日(金)まで、展示入れ替えのため四国村ギャラリーは臨時休館とさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
なお上記期間も、古民家や花の見学など、四国村の散策は通常通りお楽しみいただけますので、ご来村をお待ちしております。

|1|2345678910次の10件

Home > 行われたイベント

Feeds
Archives

Page Top