Home > 開花情報

開花情報 Archive

春の花、次々に開花(2019/3/15)

春の訪れを告げる花がどんどん咲きはじめている四国村。
チューリップとサクラを心待ちにしてくださるお客様も多いですが、それらの開花の前に早くも春の雰囲気に包まれてきています。

杏(アンズ)...

20190315anzu.jpg

バイモ...

20190315baimo.jpg

ユキヤナギ...

20190315yukiyanagi.jpg

ムスカリ...

20190315musukari.jpg

ラッパ水仙...

20190315rappasuisen.jpg

椿(ツバキ)...

20190315tubaki.jpg

土佐水木(トサミズキ)...

20190315tosamizuki.jpg

そして、今年は水仙と梅の競演もまだまだ続いています...

20190315suisen.jpg

少し進むごとに新しい花が目に飛び込んでくる時期になってきました。
春を見つけに是非遊びにきてくださいね。


※2月9日の公開以来、多くの方に観覧いただきました小豆島農村歌舞伎舞台のひな飾りは今週末3月17日をもって展示終了とさせていただきます。なお、3月18日以降の数週間にわたり、歌舞伎舞台および観客席のメンテナンス工事をさせていただきます。工事に伴い歌舞伎舞台をお近くでご覧いただけない場合や、一部迂回いただくこともございますので、予めご了承くださいませ。

水仙と梅の続報 and more...(2019/3/7)

  • 2019-03-07 (木)

本格的な春到来を前に、少し天候不順な日が続いていますね。
「水仙と梅はどうですか?雨で散ってしまいましたか?」とお問合せもいただきますが、今のところまだ見頃が続いています。

20190307suisen.jpg

上の写真は、今日(3/7)のお昼に撮ったもの。
水仙は今年は例年以上にモコモコと勢いよく咲いており、しぼんでいく花と入れ替わるように、開花を始める蕾もあって、まだまだ見応えがあります。
梅も開花が遅れていた木がちょうど咲き始めています。
競演が楽しめるのは今週末あたりまでかもしれませんが、もしまだご覧になっていないという方はお早めにどうぞ。

そして、四国村の一番高い所へ行くと、遠目からも黄色い一帯があります。

20190307sansyuyu1.jpg

山茱萸(サンシュユ)の花が今年も開花しています。
冬に付けたプルンとした赤いグミのような実とは対照的に、鮮やかでユニークな花がたくさん咲いています。

20190307sansyuyu2.jpg

山茱萸を見ながら先へ進むと...

20190307turip.jpg

灯台職員の住居「灯台退息所」前の畑では、四国村の春の風物詩のひとつ「チューリップ」が順調に育っています。

例年3月下旬に開花しますが、今年はいつごろ咲くでしょうか...
こちらも今後の様子を皆様にお届けしていきたいと思います。

水仙と梅の続報(20192/27)

  • 2019-02-27 (水)

たくさんの方が見に来てくださっている水仙と梅。
まだまだ見頃が続いています。(2019年2月27日現在)

今朝、散策順路に沿って撮影した様子です。

20190227-1.jpg

20190227-2.jpg

20190227-3.jpg

20190227-4.jpg

20190227-5.jpg

水仙は今がピークですが、とくかく今年は咲きっぷりがよく元気です。

20190227-6.jpg

梅は満開の木もあれば、まだ蕾が多い木もあります。

20190227-7.jpg

今日のように、水仙と梅が同時に見頃のベストな状態は、あと1週間ぐらいでしょうか...
少し天気が下り坂というのが心配ですが、できるだけ長い期間楽しめるように願っています。

水仙と梅の競演(2019/2/23)

  • 2019-02-23 (土)

20190223_1.jpg

水仙と梅が見事に咲き揃ってきました!

特に今年は少し開花遅れが心配された水仙が、後れを取り返すような元気な咲きっぷりで、例年以上の見応えがあります。

楮蒸し小屋(こうぞむしごや)の前から河野家住宅の裏へ続く散策路でご覧いただけますが、ここが緩やかな斜面で、いろんな角度からお楽しみいただけます。

上の写真のように、楮蒸し小屋から見下ろした後に散策路を進むと...

20190223_2.jpg

そして河野家の裏から見上げると...

20190223_3.jpg

ひな飾りとともに春の訪れを感じることができる花の競演。
大きな天候の崩れがなければ、これから10日間ほど見頃は続きそうです。

”まんさく”が開花

  • 2019-01-23 (水)

久米通賢邸前で「まんさく(満作・万作)」が開花。
今年は花付きが良いようで、例年以上にたくさんの花が開いてきています。

DSC03053.jpg

近づいてみると...

DSC03055.jpg

巻いていたゼンマイが伸びたように見える花びらが面白いです。

春になると”まず咲く”が訛って名前がついたとも言われる花。
昔の人は、この花が咲くと「今年も豊作になる」と開花を待ち望んだそうです。

水仙の開花は少し足踏み状態ですが、”まんさく”をじっくり観察して、春の足音を感じるお客様もお見受けします。

蝋梅(ロウバイ)続報

  • 2019-01-05 (土)

20190105a.jpg

年末に”砂糖しめ小屋”周辺で一斉開花をお知らせした蝋梅(ロウバイ)。

現在は”山下家住宅”の前にある木も満開になってきています。

村内の数カ所にありますので、順路を進みながら、ふと風に漂ってくる甘い香りを感じては回りに花を探す方もいらっしゃいます。

20190105b.jpg

蝋梅(ロウバイ)が一斉に開花

  • 2018-12-25 (火)

四国村の年末年始に人気を集める花のひとつ「蝋梅(ロウバイ)」が、この数日のうちに一気に咲き広がってきました。

今年は例年以上に花付きが良いようで、”砂糖しめ小屋”の脇の一角では遠目に見ても鮮やかな黄色が目立っています。

20181225a.jpg

毎年、ちょうど新年を迎える時期に見頃となる”河野家住宅”前の木も蕾がほころんできています。

20181225b.jpg

山茶花、水仙、蝋梅と冬の代表的な花々が咲き揃ってきた四国村。
いよいよ年の瀬、そして新年の足音が迫ってきていることを知らせてくれています。

冬支度

  • 2018-12-21 (金)

四国村では今、いろんな”冬支度”が見られます。

IMG_6353.jpg

コブシの蕾。
フカフカの毛で覆われてきました。
春に純白の花を咲かせるために、
大事な蕾を毛布でくるむようにして寒い冬に備えます。

IMG_6415.jpg

民家の軒先には”大根のタコ干し”を吊っています。

天日干しをして栄養たっぷりの切り干し大根は、
昔は冬の食卓に欠かせない食べ物。
保存食としても重宝されて、
知恵と工夫で厳しい冬を乗り切った先人たちの暮らしを感じます。

今年も残すところあとわずか。
皆様のところでも、そろそろ新年を迎える準備、
そして一番寒い時期を迎える準備が始まっているいるでしょうか。。。

紅葉情報<12/14>

  • 2018-12-14 (金)

たくさんの方にお楽しみいただきました2018年の四国村の紅葉。
いよいよ村内で毎年一番最後に色づく紅葉も見頃となってきました。

20181214a.jpg

20181214b.jpg

この葉が落ちる頃には、いよいよ今年も終わり、新しい年を迎えます。
今年の紅葉情報は今回が最終回になりますが、また一年後には今年にも負けず劣らず綺麗な紅葉が見られることを楽しみにしたいと思います。

そして一方で、村内では水仙がポツポツと咲き始めてきました。
いつのまにかロウバイの蕾も膨らんできています。
四国村の冬を彩る花々も着々とスタンバイが進んでいます。

20181214c.jpg

水面に落葉

  • 2018-12-10 (月)

20181210a.jpg

かずら橋が架かる池の水面にクヌギの落葉が浮かぶ光景が見られるのも、この時期ならでは。

上の写真は今朝の様子ですが、下の写真は昨日。

20181210c.jpg

風によって水面を浮遊し、東へ西へと移動して、それぞれに趣ある光景が楽しめます。

|1|2345678910次の10件

Home > 開花情報

Feeds
Archives

Page Top