Home > 開花情報

開花情報 Archive

水仙と梅③(動画)【2021/2/25】

  • 2021-02-25 (木)

平日にもかかわらず、今日もたくさんの方に方が見に来てくださった"水仙と梅"の競演。
今日2月25日現在の動画をYouTubeにアップいたしました。
遠方やSTAY HOMEされている方も、春の訪れを感じていただければ幸いです。

下の画像を クリック すると、YouTubeページにリンクします。

suisen20210225.jpg

水仙と梅②【2021/2/24】

  • 2021-02-24 (水)

20210224a.jpg

数日間続いた暖かい陽射しに、水仙が一気に咲き広がって、いよいよ梅と水仙がピークを迎え始めています。
今後のお天気にも左右されますが、今月末頃まで見頃が続きそうです。

斜面の上からと下からで、全く違う雰囲気も楽しめますので、是非いろんな角度からお楽しみください。

20210224b.jpg

そして、燈台のエリアから坂道を下り、メイン散策路から少し外れた散歩道に1本だけある早咲きの桜「支那実桜(しなみざくら」)が満開に...

20210224c.jpg

小豆島から移築した「農村歌舞伎舞台」近くで見上げると「杏(あんず)」も開花...

20210224d.jpg

また、「砂糖しめ小屋」の近くでは「沈丁花(じんちょうげ)」の蕾もほころび始めています。

20210224e.jpg

水仙と梅がピークを迎えるタイミングで、さらに春本番の到来が足早に近づいてきています。


【臨時休村(3/2~3/4)のお知らせ】

電気や水道などの工事実施のため、2021年3月2日・3日・4日の3日間について、四国村は休村(わら家・異人館も休業)させていただきますので、あらかじめご理解とご了承の程お願い申し上げます

水仙と梅①【2021/2/18】

  • 2021-02-18 (木)

今日は二十四節気の「雨水」です。
空から降るのも雪から雨になり、春へ一歩近づく時期ですが、この数日は寒波が戻ってきて冷たい風が吹いています。

そんな中で、四国村では早春の名物「水仙と梅の競演」がもうすぐ見頃を迎えそうです。

河野家住宅裏から楮蒸し小屋の方を見上げると...

20210218a.jpg


楮蒸し小屋前から河野家住宅の方を見ると...

20210218%EF%BD%82.jpg

今年は梅が先行して、今週に入ってようやく水仙が咲き広がってきました。
今週末から月末当たりにはさらに開花が進んで見頃を迎えそうです。
また、数日おきに近況をお知らせさせていただきます。

ひな飾りと合わせて、春を先取りできる散策を是非お楽しみくださいね。

ひな飾りの展示の様子も是非ご覧ください...
(下の画像をクリックするとyoutubeへリンクします)

20210207v.jpg


※臨時休村(3/2~3/4)のお知らせ※

電気や水道などの工事実施のため、
四国村、わら家、異人館は
3月2日(火)~4日(木)の3日間 臨時休業
とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、
予めご了承いただきますようお願いいたします。

2月始まり【2021/2/1】

  • 2021-02-01 (月)

20210201a.jpg

早いもので今日から2月。
やや開花を足踏みしていた水仙も陽当たりの良い所から少しづつ咲き広がってきています。

先日は「丸亀藩斥候番所」の近くで、”白い実”の万両を確認。
鑑賞用として花屋さんでは見かけますが、四国村の自然の中で育っているのはベテランスタッフも初めて見たとのことです。

20210201b.jpg

1月の後半には施設管理スタッフが、チューリップの球根を植え付け。
寒波再来の時の作業となりましたが、春に一面咲き広がる様子を思い浮かべながら1つ1つ丁寧に植えました。

20210201c.jpg

名物の”ひな飾り”の準備も順調に進んで、四国村にも少しづつ春が近づき始めています。


◆四国村がある”屋島”のPV動画が公開されています。是非ご覧ください。

yashimatrip_1.jpg

まんさく開花【2021/1/25】

  • 2021-01-25 (月)

20210125a.jpg

久米通賢(香川県出身の発明家、塩田の父)旧宅の前で、マンサクが開花。

春になると「まず咲く」が訛って名付けられたとも言われる花。
漢字では「万作」や「満作」と表し、開花したその年も”万物が豊作で満たされる”とされていた縁起の良い花です。

雨と寒波と穏やかな好天の日を繰り返しながら、季節は少しづつ春へと向かっていることを伝えてくれる花です。

20210125b.jpg

小寒を過ぎて【2021/1/7】

  • 2021-01-07 (木)

1/5に"寒の入り"を迎えた途端に、急に寒波の再来。
時折り雪も交じる冷たい風が吹いていますが、そんな中で少しずつですが水仙の開花が進んでいます。

20210107a.jpg

四国村の最高地点にある”大久野島灯台”の近くでは、山茱萸(サンシュユ)の赤い実がたくさんできています。
グミのような艶のある赤い実とは対照的な鮮やかな黄色の花が咲くのは3月下旬から4月頃。
どの植物もこの寒さの中で、しっかりと季節を刻んでいるようです。

20210107b.jpg

しばらく寒波は続きそうですが、皆様も大雪や体調に十分おきをつけくださいませ。。。

蝋梅が見頃に【2021/1/4】

  • 2021-01-04 (月)

20210104a.jpg

三が日も終わり、今日から仕事始めという方も多いのでは?
四国村の年末年始は、やはりコロナと寒波のためか、例年よりは静かな迎春だったものの、たくさんのお客様にお正月飾りを見ながらの散策をお楽しみいただきました。

※上の写真は下木家住宅です。
竹に結んだ縄に”ゆずりは”の若葉を飾った門松で、質素な中にも1年の平穏と末永い幸せを願っています。

今朝はNHKラジオ第一「マイあさ」で四国村と正月飾りのご紹介をいただきました。
現在、で聞き逃し配信もされていますので、是非お聞きください。

NHKらじる★らじる 聞き逃し配信
「マイあさ」5時台 ※四国村紹介は5:45頃からです。


さて四国村では今、蝋梅(ロウバイ)が見頃を迎えています。
艶のある黄色の花に近づくと、甘い良い香りが鼻先に漂ってきます。
山下家住宅、河野家住宅¥、砂糖しめ小屋の周辺に咲いていますので、見つけてみてくださいね。

20210104b.jpg

そして、元旦の朝に白梅の第一号を発見しました。

20210104c.jpg

白梅は毎年2月中旬以降にピークとなるため、まだまだ小さく固い蕾が多いですが、これからポツポツと咲くにつれて、今はまだ遠い春が少しづつ近づいてくる気持ちになります。

ロウバイが咲き始め【2020/12/28】

  • 2020-12-28 (月)

IMG_2313.jpg

雨上がりに村内を巡回してみると、山下家住宅前のロウバイが一斉に咲き始めていました。

毎年この時期に開花して、お正月がもうすぐそこまで来ていることを教えてくれます。

四国村では毎年恒例となっている”四国各地に伝わるお正月飾り”の準備が進んでいます。
できあがった所から順次公開しており、12月30日から全ての飾りをご覧いただけます。(1月11日まで)

※下の写真は、徳島県南部の漁師町にあった「吉野家住宅」で飾り付けができた飾りです。漁師の家らしく、神棚に魚を吊って新年の大漁を願います。

IMG_2235.jpg

冬の始まり【2020/12/15】

  • 2020-12-15 (火)

昨日から、冬の寒さになっている四国村。
いつもは葉が落ちてから花が咲くロウバイも、あまりに急な気温の変化に驚いたのか、蕾がほころびはじめています。

20201215_0.jpg

村内を歩いてみると...

古民家の軒先には大根のタコ干しが吊り下がり、

20201215_2.jpg

山茶花(さざんか)の花が競うように咲き誇っています。

20201215_1.jpg

毎年一番最後に美しい紅葉と竹林が見られる場所でも、モミジの葉が良い感じに色づいてきました。

20201215_3.jpg

いよいよ年の瀬を迎える恒例の光景が広がってきています。


紅葉続報【2020/11/30】

  • 2020-11-30 (月)

11月中旬から見頃を迎えた四国村の紅葉。

入口から続く流れ坂など、ほとんど散ってしまったところもありますが、これからピークを迎える場所もあります。

「染ケ滝」の上の池から「久米通賢邸」にかけては今が見頃...

20201130a.jpg

20201130b.jpg

散ってしまった後のモミジを写真に収めるお客様もしばしばお見かけします。
散策路に積もる様子や池に浮かぶ美しい光家も「名残り紅葉」としてお楽しみください。

20201130c.jpg


前の10件1|2|345678910次の10件

Home > 開花情報

Feeds
Archives

Page Top