Home > 行われたイベント

行われたイベント Archive

俳句・短歌 入選作品発表(2017年7~9月分)

  • 2017-12-18 (月)

2017.7-9.HAIKU.jpg

今回も数多くの力作のご応募があった”俳句・短歌ポスト”。
選者の先生に審査いただき入選作品が決定いたしました。

俳句は、入選作以外にも「蝉」「緑」「かぶとむし」など、
やはり夏らしい情景を詠んだ句がズラリと並んでいました。

短歌は、夏の光と音が爽やかに感じるような歌や
木々の緑の生命力と、
古民家や茅葺き屋根の力強さや歴史を重ねて詠んだ歌が
多かったように感じます。

ご応募くださった皆様、本当にありがとうございました。
入選者の皆様、誠におめでとうございます。
(近日中に、ささやかなプレゼントをお送りさせていただきます。)

季節は流れて、本格的な冬を迎えている四国村。
夏とは全く違う趣深い光景が広がっています。
お越しの際には、皆さんもぜひ、俳句や短歌を詠んでみてくださいね。
(投函ポストや用紙は村内にあります。)

11/23 サーカスフェス盛況!

  • 2017-11-25 (土)

20171123circus.jpg

11/23に開催した瀬戸内サーカスファクトリー創作サーカスフェスティバル SETO LA PISTE ”マレビト、来たる” が無事に終了いたしました。

11時の開門と同時に、たくさんのお客様がお越しくださり、村内各所でのパフォーマンスや古民家のアート作品をゆっくりとお楽しみいただけました。

14時に農村歌舞伎舞台で始まったメイン公演「マレビト、来たる。」では、幻想的で不思議な、でもユーモアもあるパフォーマンスが繰り広げられ、最後には出演者と満席となった観客が一体になっての盛り上がり。

普段とは違う特別な1日となり、四国村の新しい一面をたっぷり満喫いただけたと思います。

本当にたくさんお越しくださったお客様、そして出演者、関係者の皆様、ありがとうございました!

さて、四国村はまだまだ紅葉の見頃が続いています。
企画展「お弁当箱ライブラリー」も好評開催中ですので、ぜひお越しくださいませ...

10/8(日)子ども農村歌舞伎 開催

  • 2017-09-28 (木)

20170928a.jpg

四国村の秋の恒例行事となった「子ども農村歌舞伎」。
今年も10/8(日)に開催すことになりました。
演目「神霊矢口渡」の作者“福内鬼外”は実は平賀源内のペンネーム。
香川が生んだ江戸時代末期のヒーローの作品を
香川第一中学校郷土研究部の皆さんによる熱演でお楽しみください。

●子ども農村歌舞伎in四国村
<日時>平成29年10月8日(日)13時から(約40分間)
<場所>四国村 農村歌舞伎舞台(小豆島から移築)
<出演>香川第一中学校 郷土研究部の皆様
<演目>「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」
     作者:福内鬼外(平賀源内のペンネームです)
<料金>四国村入村料で観覧可能です。
    大人1,000円 高校生600円 小中学生400円

20170928b.jpg

20170928c.jpg

※写真は昨年開催時の様子です。

【満開直前】桜&チューリップ

  • 2017-04-09 (日)

この数日お天気がぐずついたものの、
桜もチューリップも無事に見頃を迎えています。

八重桜や山桜がズラリと並ぶ歩道はごらんの通り...

20170409_1.jpg

そして、毎年人気の丸亀藩御用蔵横の白い枝垂れ桜も...

20170409_2.jpg

そしてそして、四国村の一番高い所では...

20170409_3.jpg

赤色が先行していたチューリップ畑でも、黄色や紫色など華やかになってきました!

今年のお花見は、四国村で決まり!ですね(^^)

野鳥の聖地!?

  • 2017-01-27 (金)

20170127_1.jpg

昨日、村内を回った際に”野鳥”にたくさん遭遇。

水を飲みに来たメジロのカップルの他にも...

20170127_2.jpg

ほっぺたと頭のてっぺんが赤い”アオゲラ”(写真左)や、
ボサボサ頭でヤンチャ顔の”ヒヨドリ”(写真右)。

小型の鳥は良く見かける四国村ですが、
この2羽は約30cmと比較的大きく、高い木の上の方でも
見つけやすかったです。

まだまだ空気は冷たいですが、
昨日のように、風もなく、陽射しが振り注いで、
野鳥がいつもよりも元気に飛び回る日は、
また一歩、春に近づいた気分になりますね。

四国村がある屋島エリアは
幸せを呼ぶ青い鳥と呼ばれる”ルリビタキ”も飛来するとのこと。
まだ出会ったことはありませんが、いつか見つけてみたいものです。

facebookでも最新情報をお届けしています★
Up-to-date information during the delivery at facebook
https://www.facebook.com/shikokumura/

鏡開き & 梅

  • 2017-01-11 (水)

今日11日は”鏡開き”をされているところも多いのでは。

”松の内を1月7日”までとして、”鏡開きを11日に”行うのは江戸時代に幕府が定めたそうで、江戸から遠い関西から西の地方では今もなお、それ以前の”松の内を15日””鏡開きを20日”という所もあるようですね。

四国村では一足早く9日に鏡開きで、お客様にぜんざいを振る舞いました...

20170111_1.jpg

薄日が差したり、急に雨が降ったりと、あいにくの天候でしたが、11時のスタート時には大勢のお客様にお集まりいただいて、行列ができるほどの盛況。毎年のことながら、この”ぜんざい”は大人気です。

お正月、寒の入り、鏡開きと新春の行事が終わって村内を回ってみると、先日第1号をお伝えした”梅”が1輪また1輪と開花が進んでいます。

20170111_2.jpg

紅梅、白梅ともに、順調にいくと今月末には満開になりそうな感じです。

週末は寒波到来とのことですが、淡い色の小さな花を見るとちょっとホッと心が和みます。

facebookでも最新情報をお届けしています★
Up-to-date information during the delivery at facebook
https://www.facebook.com/shikokumura/


四国村のお正月飾り

  • 2016-12-28 (水)

20161228newyear_kazari.jpg

今年も残すところあとわずか。
今日で仕事納めという方も多いようですね。
四国村は年中無休、年末年始も元気に開村しています!
1年の締めくくりや新年スタートに是非お越しくださいね。

さて、毎年恒例の「お正月飾り」の準備もほぼ整いました。
各古民家に設えた、四国各地に伝わる飾りは珍しいものばかりです。

ブリやイワシ、タイなどの魚や野菜が吊るされていたり、
変わった形のしめ縄があったり...。

お正月飾りは新年への願いの表れ。
豊作、大漁、健康、長寿...
新しい1年を良い年にしたいという思いは、昔も今も変わりません。
最近ではお正月飾りを簡素化したり、省略したりも見受けられますが...
やっぱり、一つの区切りとして襟を正して新年を迎えたいものです。

散策の中で、縁起良い迎春気分になる四国村のお正月飾り。
この年末年始、是非ご家族でお楽しみくださいね!
(お正月飾りは、1月9日まで展示予定 ※早期終了のものもあり)

facebookでも最新情報をお届けしています★
Up-to-date information during the delivery at facebook
https://www.facebook.com/shikokumura/

子ども農村歌舞伎、秋の祭りムード漂う

  • 2016-10-10 (月)

昨日開催された農村歌舞伎舞台での「子ども農村歌舞伎」。
開始間際に真っ暗になった空も、香川第一中学校郷土研究部の皆さんの思いが届いたのか、途中から陽射しも出てくる中で楽しむことができました。

20131009-1.jpg

中学生とは思えない見事な熱演に観客の皆さんもじっくり見入っていました。
小豆島島から移築したこの農村歌舞伎舞台、昔は村人たちが集まり、自分たちが役者となって演技を披露した場。
今日は未来を担う若い力によって歌舞伎舞台が息吹を取り戻したように感じます。
郷土研究部の皆さん、そして多くの観客の皆様ありがとうございました。

そして昨日は四国村がある屋島地域の秋祭りの日。
ちょうさの太鼓の音があちこちから聞こえ、四国村にも獅子舞も来てくれました。

20161009-2.jpg

農作物の豊穣や大漁を祈念して各地で秋祭りが行われているこの時期。
多聞にもれず、四国村にも祭りムードが漂い、本格的な秋の到来を感じる1日でした。

facebookでも最新情報をお届けしています★
Up-to-date information during the delivery at facebook
https://www.facebook.com/shikokumura/

子ども農村歌舞伎 10月9日に開催

  • 2016-09-12 (月)

20160912kabuki1.jpg

毎年秋の恒例行事となっている四国村の「子ども農村歌舞伎」。
今年も10月9日(日)に開催することになりました。

命を落としてまで愛する人を救う可憐な娘の一途な思いを描く「神霊矢口渡」。
この題目を香川第一中学校郷土研究部の皆さんが演じます。

この作品の作者「福内鬼外」は、香川が生んだ江戸時代の発明家・平賀源内のペンネーム。
源内が矢口(現在の東京都大田区)にあった新田神社修復のために書いたと言われる名作を、未来を担う中学生たちがどんな風に演じてくれるか、今から楽しみです。

【イベント】 子ども農村歌舞伎
【日  時】 平成28年10月9日(日)13時から(約1時間)
【場  所】 四国村 農村歌舞伎舞台(小豆島から移築した江戸末期の舞台です)
【出  演】 香川第一中学校 郷土研究部の皆様
【演  目】 「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」作者:福内鬼外
【料  金】 四国村入村料で観覧可能
大人1,200円 高校生700円 小中学生500円
※特別企画展開催中のため、当日の入村料は上記料金となります。
藍をテーマにした企画展「JAPAN BLUEの世界」もお楽しみいただけます。

20160912kabuki2.jpg

※本記事で使用している画像は昨年開催時に撮影したのもです。

facebookでも最新情報をお届けしています★
Up-to-date information during the delivery at facebook
https://www.facebook.com/shikokumura/

屋島を囲む一風変わったアート巡り ご参加ありがとうございました!

  • 2016-09-06 (火)

7月16日から9月4日まで開催していました”屋島を囲む一風変わったアート巡り”に多くのご参加ありがとうございました。
のべ約70組160名様が、四国村、歯ART美術館、平家物語歴史館という屋島を囲む3施設の各施設をお楽しみいただきました。

DSC05253.jpg

3施設全てを完全制覇して懸賞にご応募いただいた12組の中から厳正なる抽選をさせていただき、下記の方が見事当選されました。(イニシャルで表示させていただきます)

・イオン商品券3,000円分 【1名様】
  徳島県徳島市 M.K.様 (女性) 

・図書カード2,000円分 【2名様】
  香川県高松市 R.K.様 (男性)
  広島県福山市 I.U.様 (女性)

・QUOカード1,000円分 【3名様】
  香川県高松市 E.K.様 (女性)
  兵庫県加古郡 T.F.様 (男性)
  徳島県徳島市  H.O.様 (男性)

ご当選されました皆様、おめでとうございます。
(近日中に賞品を発送させていただきますので、到着までしばらくお待ちください)
残念ながらハズレた方も、今回はご参加及び周遊いただき、本当にありがとうございました。

さて、いよいよ9月20日からは「屋島ドライブウェイ」の通行無料がスタートです。
(12月20日までの社会実験。屋島山上での駐車料は別途必要です。)
屋島寺参拝や新屋島水族館などもある、絶景が楽しめる屋島山上も合わせて、今年の秋も屋島エリアに是非お越しくださいね。
  

前の10件1|2|345678910次の10件

Home > 行われたイベント

Feeds
Archives

Page Top