Home > イベントスケジュール

イベントスケジュール Archive

企画展”衣~KOROMO~” 好評開催中

  • 2018-05-09 (水)

4月27日から始まった四国村ギャラリー企画展「衣~KOROMO」、おかげさまでたくさんのお客様から好評いただいています。

パリで活躍する染織作家の皆さんが、日本の文化や歴史から着想を得て表現した作品が並ぶ中で、その一部を紹介させていただきます。

20180509_1.jpg
作品名:実朝(さねとも)
作家名:Pietro Seminelli ピエトロ・セミネリ 
    (男性・フランス)

20180509_2.jpg
作品名:夕鶴(ゆうづる)
作家名:Anne-Laure Coullomb アンヌ=ロール・クローム 
    (女性・フランス)


20180509_3.jpg
作品名:草庵(そうあん)
作家名:Luc Druez リュック・ヅリュエーズ
    (男性・フランス)

20180509_4.jpg
作品名:陣羽織(じんばおり)
作家名:Peggy Derolez ぺギー・デロレーズ
    (女性・フランス)

20180509_5.jpg
作品名:鎖帷子(くさりかたびら)
作家名:Fiona Crestani フィオーナ・クレスターニ
    (女性・オーストリア)

いかがですか?
作品名も見ても日本への思いや想像力の豊かさが感じられ、そしてそれを繊細な感覚と技術で表現されていることが伝わるかと思います。

ご紹介したものはほんの一部ですが、会場内には、武士や戦を連想させる男性的なものから、日本の美しい情景まで目に浮かんでくるような作品までズラリと並んでいます。
是非お越しいただいて、写真ではお伝え出ない繊細さ、質感、大きさなどをご覧いただければ幸いです。

衣展は6月17日まで、四国村ギャラリーにて無休で開催しています。
どうぞお見逃しなく!

四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”
●期間 2018年4月27日(金)~6月17日(日)
●時間 9:00~17:00 (入館受付は16:30まで)
●場所 四国村ギャラリー
●料金 大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
※企画展期間中は、四国村入村料が一律で上記料金となります。
 (四国村の散策と、ギャラリー企画展の観覧がお楽しみいただけます。)

俳句・短歌 入選作品(2018年1~3月分)

  • 2018-05-08 (火)

四国村内では、散策をしながら俳句や短歌を自由に詠んでいただいて「俳句短歌ポスト」に投函いただいております。
今年1~3月にご応募いただいた作品の中から、選者の先生による選考の結果「入選作」が決定いたしました!

20180508haikunyusensya1_3.jpg

入選された皆様、そして惜しくも選にもれた皆様、心のこもった作品をたくさんお寄せいただきありがとうございます。
今回は寒さの厳しい期間でもありましたが、冬から春へと季節が移りゆく光景や期待を感じる作品が多かったような気がします。

ただいま村内では4~6月の作品を募集中です。
4月は花に囲まれ、今は新緑が煌めいて、これからは夏の足音が日々近づいてくる気持ち良い季節。
四国村へお越しの際には、散策途中にふと頭に浮かんだ俳句や短歌をぜひ投稿してみてくださいね。

20180508shinryoku.jpg

企画展”衣”スタート

  • 2018-04-27 (金)

本日から四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”がスタート!!

館内には日仏友好160年を機に、フランスとオーストリアの染織作家が日本文化に着想を得て創作した革新的な作品がズラリと並んでいます。

下の写真は、ピエトロ・セミネリ氏(フランス人間国宝)の作品「実朝」...

20170427_1sanetomo.jpg

そして、その作品から連想される四国村所蔵の貴重な民俗資料もご紹介。
下の写真はピエトロ氏の作品と関連して展示した四国村所蔵の鎧です。

20170427_2yoroi.jpg

というように、四国村ならではの展覧をお楽しみいただけます。

染織の質感や色、技術は写真ではお伝えきれませんので、是非ご来場いただきじっくりとご観覧ください。

四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”
●期間 2018年4月27日(金)~6月17日(日)
●時間 9:00~17:00 (入館受付は16:30まで)
●場所 四国村ギャラリー
●料金 大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
※企画展期間中は、四国村入村料が一律で上記料金となります。
 (四国村の散策と、ギャラリー企画展の観覧がお楽しみいただけます。)

koromo_1.jpg

koromo_2.jpg

※5月20日(日)14時~、今回の出展作家によるトークイベントを開催します。
事前申込制(定員あり・申込多数の場合は抽選)となっております。
詳細はお気軽にお電話にてお問い合わせください。

TEL:087-843-3111

端午の節句飾り

  • 2018-04-23 (月)

20180423blog.jpg

毎年、”端午の節句飾り”でGWを迎える四国村。

今年も飾りが完成したところから順次公開を始めています。

昨日公開を始めた歌舞伎舞台では、
例年以上にズラリと並べた兜や鎧に早くもお客様の歓声が上がっています。

古民家も飾りによって、
まるで今もそこに暮らしがあるような雰囲気になるから不思議です。

端午の節句飾りに加えて、
4/27からは四国村ギャラリーで企画展がスタート。

今年も様々な魅力を楽しめる四国村のGWになりそうです。

【告知】4/27から企画展がスタート(4/16~26は準備のためギャラリー臨時閉館)

  • 2018-04-10 (火)

koromo_omote.jpg


4月27日(金)から四国村ギャラリー企画展がスタートします。

今回は、日仏友好160年を機に、フランスとオーストリアの染織作家の作品をご紹介します。


koromo_ura.jpg

フランス人間国宝に認定されているピエトロ・セミネリ氏ほか13組の作家が、日本文化に着想を得て創作した革新的な作品がズラリと並ぶ企画展。
「実朝」「夕鶴」「忍者」「春はあけぼの」...作品タイトルからも伝わってくるように、日本の美しさに感銘を受けて表現した、様々な”衣”のかたちをご覧いただけます。

GWから新緑まぶしくなる時期に開催する企画展。
古民家散策の途中、いつもとは違う四国村ギャラリーをどうぞゆっくりとお楽しみください。

四国村ギャラリー企画展“衣~KOROMO~”
●期間 2018年4月27日(金)~6月17日(日)
●時間 9:00~17:00 (入館受付は16:30まで)
●場所 四国村ギャラリー
●料金 大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
 ※企画展開催期間中の入村料となります。
 ※四国村の入村料で、四国村ギャラリーも入館できます。

★四国村ギャラリー臨時閉館(4/16~26)のお知らせ★
企画展開催準備のため、4/16(月)~ 4/26(木)まで四国村ギャラリーは閉館させていただきます。申し訳ございませんがご了承の程お願いいたします。
なお、ギャラリー休館中も四国村の春の自然の中で古民家散策は通常通りお楽しみいただけますので、ぜひお越しください。

3/23 春の花情報(沈丁花など)

  • 2018-03-23 (金)

数日続いた雨も止んで、春の陽射しが戻ってきた四国村。
村内を周ってみると、さらにたくさんの花が開花していました。

まずは、周辺を良い香りで包んでいた沈丁花(ちんちょうげ)...

20180323tintyoge.jpg

地面の低いところで愛嬌のあるムスカリ...

20180323musukari.jpg

華やかでユニークなラッパ水仙...

20180323rappasuisen.jpg

古民家に良く似合う雰囲気のレンギョウ...

20180323rengyo.jpg

そして、ちょっと勇足?のチューリップも数本...

20180323turip.jpg

いよいよ”百花繚乱”とも言える四国村の春の雰囲気が広がっています。
桜、スモモの蕾も大きく膨らんで、あとは弾けるの待つだけ。
しばらく好天も続きそうで、気持ち良い散策がお楽しみいただけます。

屋根葺き替え工事見学会が無事終了

  • 2018-02-26 (月)

2月24日(土)10時から山下家住宅の屋根葺き替え工事の見学会を実施しました。

地元の屋島小学校3年生と4年生の中から事前申込にる抽選で選ばれた10組27名が集合して、2班に分かれてスタートした見学会。

まずA班がヘルメットをかぶって足場を上り、葺き替え中の屋根を見学。

実際に葺き替えている所を間近に見たり...

20180224b.jpg

職人さんから手順や道具の使い方を見せてもらったり...

20180224a.jpg

A班が屋根に上っているいる間、B班はススキやヨシなどの材料や専用の道具をじっくりと見て、触れて、体感...

20180224c.jpg

そしてA班、B班が途中で交代して、合計約1時間の見学会が無事に終了。
帰り際に「できあがったら見に来るね」と元気に手を振る子も。
初めて見る茅葺き屋根の葺き替え工事に、かなり興味を抱いてくれたようです。

13時から15時は一般の来村者の方々にも自由参加の形で開放。
約30名の方が、順次交代で足場の上での見学をお楽しみくださいました。

数十年に1度の貴重な場面を体験いただいた皆様、ありがとうございました。

天候にも左右されますが、3月下旬には新しい屋根になった山下家住宅をご覧いただけると思いますので、是非またお越しくださいね。

茅葺き屋根を葺き替え中です!

  • 2018-02-22 (木)

四国村にある県指定文化財「旧 山下家住宅」の茅葺き屋根の全面葺き替えが始まっています。
徳島県の祖谷から運ばれた材料を使い、兵庫県の茅葺き屋根保存会”くさかんむり”の職人の皆さんが工事をしてくれています。

20180222hukikae.jpg

山下家住宅は江戸時代に東かがわ市白鳥の五名に建てられた農家のお宅。
四国村へ移設されて以来約40年ぶりの葺き替えとなります。

足場やシートに囲まれており、安全面にも配慮して、お客様には間近でご覧いただくことはできませんが、3月下旬には真新しい茅葺きを装った古民家の様子がお伝えできるかと思います。

【見学会のお知らせ】
普段は近づくことはできませんが、せっかくの貴重な機会ですので、一般の皆様にも公開する見学会を実施いたします。

日程:2018年2月24日(土)※雨天中止
時間:13:00~15:00
 (午前中は地元屋島小学校から抽選で選ばれた親子見学会を開催します)
費用:見学参加は無料(入村料は必要です)

当日に入村いただいた方でご希望の方は13:00~15:00の間で順次見学いただけます。但し、見学スペースに限りがあるため混雑時はお待ちいただくことがございます。
また、工事現場見学の為、安全面から、やむを得ず中止とさせていただくこともございますので、予めご了承くださいませ。

四国村のひな飾り

  • 2018-02-16 (金)

毎年恒例となり、楽しみにしてくださる方も多い"四国村のひな飾り"。
いよいよ明日から、歌舞伎舞台や古民家で全て揃った状態でご覧いただけます。

201802016B.jpg

古民家は今月初めから飾り初めて、できあがった所から順次ご覧いただいていましたが、今日の夕方にはメインの歌舞伎舞台の飾りも完成。

20180216A.jpg

幕を開けた時にちょうどお越しになった韓国からの団体様も大歓声を上げて、こぞって記念写真を撮ってくれていました。

舞台の飾りは3月末まで、古民家は旧暦にちなんで今年は4月18日まで展示予定。
今年はここ数年で最も多くの雛人形を飾っていますので、ぜひ皆様も見に来てくださいね。


ギャラリー常設展スタート&マンサク開花始まる

  • 2018-01-20 (土)

企画展終了後、展示入替の為に休館させていただいていました「四国村ギャラリー」が今日から開館しています。
今回も、多数の所蔵品の中からルノワールの絵画など選りすぐりの作品を展示していますのでごゆっくりお楽しみください。

さて、今日は二十四節気の「大寒」。
一年で最も寒い時期がやってきましたが、今の寒さを乗り切ると2月4日には「立春」を迎えます。
水仙も2部咲きほどになり、梅も蕾が膨らみかえている四国村で、これも早春を告げる「マンサク」の開花が始まっています。

20180120.jpg

春が近づくと「まず咲く」が訛ってその名がついたとも言われるマンサク。
花びらが長い面白い花で毎年人気ですが、今は蕾から花びらが出てくる途中の様子も見られて、地味ながらも開花に気づいたお客様が写真に収めている姿をよくお見かけします。

「久米通賢邸」の前でご覧いただけますので、ご来村の折は是非ご覧くださいね。

前の10件1|2|345678910次の10件

Home > イベントスケジュール

Feeds
Archives

Page Top