Home > 行われたイベント

行われたイベント Archive

【その1】企画展「かがわの農村歌舞伎」資料のご紹介

現在、四国村では「かがわの農村歌舞伎」展を開催中です!
その展示資料の一部をご紹介したいと思います。

20121119.jpg


一昨日昨日と、こんぴらの金丸座でさぬき歌舞伎まつりが行われていましたね。
県内で継承されている農村歌舞伎を一同に見れるよい機会だったのではないでしょうか。
歌舞伎を見物する際にかかせないのが、割盒弁当です。”わりごべんとう”と読みます。

割盒弁当は、岡持ちのような箱の中にいくつもの小さなお弁当箱が詰まったものです。
農村歌舞伎は家族だけでなく、親戚も呼んでみんなで楽しむハレのものでした。ですので、親戚分のお弁当も作ってふるまうために沢山お弁当を作ります。
中身は、型で抜いたごはんと、煮しめ、たまご焼きなどで、現在の幕の内弁当ですね。

ちなみに展示している割盒弁当は、弘化4年(1851)の銘が入っており、現役でも使用されています。
農村歌舞伎を、より楽しむための道具が作られているのは興味深いですね。


今回の企画展はきらびやかな歌舞伎衣裳だけでなく、割盒弁当のような歌舞伎にまつわるものも展示しています。
ぜひ、お越しください~!


(画像をクリックすると拡大します。)


(画像をクリックすると拡大します。)


「かがわの農村歌舞伎」展
 かがわの農村歌舞伎は江戸から明治にかけて盛んに行われていました。とりわけ小豆島内では100以上の芝居小屋が存在し、歌舞伎や浄瑠璃が上演されていました。
豪華な衣装の中には還暦や古希の祝い、伊勢参りの記念などに奉納したものもあり、土地の人々にとって農村歌舞伎は特別なものといえます。現在でも、県内では小豆島や東谷、白鳥で上演されています。
 今回の企画展では、人々の農村歌舞伎に対する思いが、娯楽を越えて文化として受け継がれコミュニティーに与えた様子を、小豆島土庄町の大部(おおべ)と肥土山(ひとやま)の衣装や道具類などの展示を通してご紹介します。

■会期:2012年10月27日[土]~2012年12月9日[日] 会期中無休
■開館時間:9:00~17:00(11月1日以降16:30まで)
■入場料(前売り券):一般1200円(1100)/高校生700円(600)/小中学生500円(450)/幼児以下無料

秋の四国村を満喫?

10月の連休、皆様楽しく過ごされましたか?
各地で様々なイベントが催されていましたね。

さて、四国村で開催されたイベントは…

10月6日は、「ローズフェアー」。少し曇り空で、大変すごしやすく、
会場は、バラの香りと、村内にある金木犀の香りで、とてもすがすがしい空気!
60000.jpg
お越しになった方は、お目当てのバラ苗を見つけることができたでしょうか?
実は私も…購入しました!私は渋い色の“ブラックティー”などが好みなので、つい…。


121006_094955.jpg
今回は、苗を買ったら、すぐにご自宅で栽培していただきやすいように
西條種苗園さんに、バラ専用の土や肥料などを出品していただきました♪


121006_095004.jpg
そして、もぅすっかりオナジミになりました、IKUNOカフェさんも♪

CIMG0064.jpg
美味しいコーヒーとスイーツでほっこり~。
私、ほとんどの時間をこのカフェの近くで過ごしまして…
食べたり、飲んだり、しゃべったり
(仕事しろっ!と、どこからか聞こえてきそうですね)


DSC_0225.jpg
今回の雑貨屋さんは四国村入口周辺での出店です。
可愛い雑貨がたくさんありましたよ。
四国村のスタッフも、素敵な髪ゴムをコッソリ購入していました。
本日の彼女の髪を飾っております。


そして、10月8日は「子供農村歌舞伎」の公演がありました。
DSC_0255.jpg
香川第一中学校の郷土研究部の皆さんによる農村歌舞伎。
四国村の歌舞伎舞台がピッタリです。


↓これ、何をしているのかわかりますでしょうか?
121005_094530.jpg
歌舞伎公演にむけて、“花道”を設置しているところなんです。
これは、組み立て式になっており、1つ1つのパーツがすごく重いのです。
この時ばかりは、強靭な四国村スタッフもヘトヘトになります。

DSC_0343.jpg
公演では、↑このような感じで使われるのです。
大変だけど、やはり歌舞伎には必要な大道具のひとつですね。

子ども歌舞伎のご案内

s-end.jpg


s-111.jpg


s-222.jpg


s-20042027_kabuki07.jpg

小豆島で実際に使われていた農村歌舞伎舞台を四国村に移築しています。

そんな歴史ある舞台で、高松市の南部香川町にある「高松市立香川第一中学校」の
「郷土研究部」の生徒さんによる子ども農村歌舞伎が上演されます。

行楽の秋にぴったりな公演です。
ぜひご覧ください♪

*観覧料は無料です。(四国村入村料は必要)


企画展「かがわの農村歌舞伎」

10月27日(土)から始まる企画展のご案内です。
テーマは「かがわの農村歌舞伎」です。
ぜひお越しください!


(画像をクリックすると拡大します。)


(画像をクリックすると拡大します。)


「かがわの農村歌舞伎」展
 かがわの農村歌舞伎は江戸から明治にかけて盛んに行われていました。とりわけ小豆島内では100以上の芝居小屋が存在し、歌舞伎や浄瑠璃が上演されていました。
豪華な衣装の中には還暦や古希の祝い、伊勢参りの記念などに奉納したものもあり、土地の人々にとって農村歌舞伎は特別なものといえます。現在でも、県内では小豆島や東谷、白鳥で上演されています。
 今回の企画展では、人々の農村歌舞伎に対する思いが、娯楽を越えて文化として受け継がれコミュニティーに与えた様子を、小豆島土庄町の大部(おおべ)と肥土山(ひとやま)の衣装や道具類などの展示を通してご紹介します。

■会期:2012年10月27日[土]~2012年12月9日[日] 会期中無休
■開館時間:9:00~17:00(11月1日以降16:30まで)
■入場料(前売り券):一般1200円(1100)/高校生700円(600)/小中学生500円(450)/幼児以下無料

ROSE FAIR のご案内

s-end.jpg


s-rose11.jpg

s-rose22.jpg

s-rose33.jpg

s-rose44.jpg

体験学習「昔の暮らし」を実施します!

%E5%8F%97%E4%BB%98%E3%82%92%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.jpg


20120808.JPG


四国村では、昔の暮らし体験と題して、「石臼を使ったお団子づくり」を実施します。
夏休みも残りわずかです。ご家族やお友達とぜひお越しくださ~い!


●日時:【1回目】平成24年8月26日10時30分~12時まで/【2回目】平成24年8月30日10時30分~12時まで
●募集人数:各5組(先着順)
●参加費:大人1000円/高校生700円/小中学生500円※入村料込
●概要:石臼を使ってもち米をひいて粉にし最後はお団子にします。
●申込方法:電話で開催日の1週間前(1回目は8月19日まで・2回目は8月23日)までに下記あてにお申込ください。
<四国村> TEL 087-843-3111 

四国村ギャラリー 通常展示のお知らせ

皆様のおかげで「かえる・蛙・カエル ~サイデンステッカーのコレクション」展も大好評の中、終了しました。
たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました!

さて、四国村ギャラリーでは、7月7日から秋の企画展開催まで、当館所蔵作品の通常展示を行っております。
今回は、ピエール・ボナール、モイズ・キスリング、ジョルジュ・ルオー、シャイム・スーティンなどの近代の西洋絵画作品のほか、作品保護の関係でなかなか出品できない夏目漱石の自筆水彩絵はがき10点を展示していますので、ぜひご覧になって下さい(期間中、展示替えがあります。)
souseki7.JPG

そのほか、アムラッシュ遺跡より出土した陶器や、ギリシャ、シリア、イラン、イラクから出土した古代ガラスの器など、紀元前からの貴重な遺物も含めて展示しております。
am1.JPG
roman1.JPG

アムラッシュの文化は文字を持たなかったとされ資料の類は残されておらず、現在発見された遺物について、研究段階でまだあまり詳細についてはわかっていません。
am2.JPG
am3.JPG
am4.JPG
am5.JPG


しかし、これらの奇妙で力強いフォルムは、当時の生活に結びついて制作されたものであり、アムラッシュの人々の造形感覚の豊かさを感じさせ、われわれの想像力をかきたてずにはいられないでしょう。

5月5日はROSE FAIR!

s-end.jpg

rose11.bmp

昨年の春・秋に開催しましたROSE FAIRが、今年も開催されることになりました。
バラの愛好家でなくとも楽しめる内容満載です!
ぜひお越しくださいね。


rose111.bmp


rose13.bmp


rose14.bmp


rose15.bmp

四国村ギャラリー 春の企画展

s-tenji.jpg


さて、四国村ギャラリーでは4月28日(土)から、春の企画展の開催予定をしております。
今回のテーマは、「かえる」です!


四国民家博物館は2008年に、日本文学研究家エドワード・G・サイデンステッカー(1921-2007)のカエルコレクションを寄贈していただいています。


サイデンステッカーは、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫など日本近代文学の名作の数々を英訳して世界に紹介しました。

特に川端康成のノーベル文学賞受賞に寄与し、川端自身が「ノーベル賞の半分はサイデンステッカー教授のもの」と、その功績をたたえています。


ドナルド・キーンとも親交があり、同僚としてコロンビア大学で教壇に立っていた時は、
春学期をキーンが、秋学期をサイデンステッカーが授業を担当していました。

サイデンステッカーは日本の小さな雨蛙と出会ったときに蛙を好きになり、
日本の骨董屋で江戸時代の煙草の根付のカエルを購入したことをきっかけに、
カエルの収集を始めます。
アメリカと日本を行き来する生活の中で、両方の家の書斎を埋めつくさんばかりにカエルのコレクションが増えていったそうです。


サイデンステッカーが集めたカエルのうちの東京の書斎にあった分の500点以上が当館に寄贈されており、
今回の展覧会ではそれらの中から、逸品、珍品を選りすぐって展示するとともに、
サイデンステッカー氏の業績や文学者との交流を紹介していきます。


サイデンさんのカエルたちと共に、川端康成や谷崎潤一郎からの書簡、
ノーベル賞受賞記念講演「美しい日本の私」英訳原稿、
川端や谷崎からサイデンステッカーへ贈られた永井荷風の俳画や書なども展示する予定です。
この機会にぜひご覧になってください。


tirashiA.JPG

ファイルをダウンロード

tirashiB.JPG

ファイルをダウンロード

四国村のひな飾り

あっというまに2月です。
四国村で2月といえば・・・ひな飾りです。



(クリックすると画像が大きくなります。)


●日時:平成24年2月5日から平成24年3月25日8時30分から16時30分まで
●料金:入村料のみ(大人800円高校生500円小中学生300円)
●概要:香川県内から寄贈されたひな人形を農村歌舞伎舞台を中心に、各民家に全部で22組展示します。現在では見かけなくなった御殿飾りも展示します。
また、2月14日から3月12日まで石蔵で屋島中町にある「のぞみ幼稚園」の園児が作った手作りの雛飾りも展示される予定です。

期間中は四国村内各所で梅(約100本)や水仙も咲きますので、一緒に小さな春を感じていただければと思います。 


前の10件89101112|13|14151617次の10件

Home > 行われたイベント

Feeds
Archives

Page Top