Home > 四国村情報

四国村情報 Archive

夏も終盤戦へ【2021/8/24】

  • 2021-08-24 (火)

20210824a.jpg

今年は8月中旬に長く強い雨が降り続きましたが、
今週に入って比較的安定したお天気になっている四国村。

雲の切れ間に注ぐ陽射しはまだまだ夏の太陽で暑さを感じます。

そんな中で自然はしっかりと秋に向かって歩みを始めているようです。

クヌギの木を見上げると、ドングリの実ができ始めていたり...

20210824b.jpg

パンパスグラスに伸びてきた穂が風に揺れたり...

20210824c.jpg

夏から秋へと移り行く季節を感じながら散策をお楽しみくださいませ。

雨が続いています【2021/8/17】

  • 2021-08-17 (火)

20210817a.jpg

先週木曜日あたりから雨が続いている四国村。
各地では豪雨による災害、被害が発生していますが今後拡がらないことを願っております。

村内を回ってみると、柿の木に小さな実を発見。
今回の長雨が止んだ後にはまた夏の暑さが戻るようですが、暑さにも雨にも負けず、自然は次の季節へと着実に準備をしているようです。

20210817b.jpg

お盆期間は「うどんのわら家」にも多くの方がお越しいただきました。
カンカン照りの暑い日にも、雨で蒸し暑い日にも、ツルツルと喉越しの良いうどんが好評。

20210817c.jpg

コロナに雨に、今年も以前までとは違う夏になっていますが、お越しの際には是非ゆっくりとお過ごしくださいませ。

お盆期間も休まず開村【2021/8/8】

  • 2021-08-08 (日)

20210808a.jpg

いよいよ今日で東京オリンピックも最終日。
日本勢の大活躍に盛り上がってる方も多いのでは?

そして今年もお盆の時期がやってきました。

四国村はお盆期間も休まず開村いたします。

新型コロナウィルス感染拡大防止へのご協力をいただきながら、自然に囲まれたオープンエアでの散策を楽しめますので皆様のお越しをお待ちしております。

うどんの「わら家」も休まず営業しております。
少し食欲も落ちる暑い日にピッタリの喉越しの良いツルツルのうどんを是非ご堪能くださいね。

20210808c.jpg

百日紅【2021/8/6】

  • 2021-08-06 (金)

20210806b.jpg

村内各所にある百日紅(サルスベリ)が見頃になってきました。

先日まで多くの方にお楽しみいただいた古代ハスの花期が終わって、花が少ない真夏に鮮やかなショッキングピンクはひときわ鮮やかに映ります。

木の高い所で咲く百日紅のずっと向こうには屋島南嶺に切り立つ岩肌が見える場所もあります。
ここでは稀に白いトンビのような大きな鳥が旋回していることがありますが、これは準絶滅危惧種に指定されているミサゴ(英名:オスプレイ)です。

散策の際には、休憩を兼ねて一度立ち止まって自然豊かな屋島の上空も眺めてみてくださいね。

20210806a.jpg

8月を迎えて【2021/8/2】

  • 2021-08-02 (月)

20210802a.jpg

早いもので今年も8月に突入。
8月1日から「丸亀藩斥候番所」では馬や虎の人形を展示しています。

香川県西部では旧暦8月1日(八朔)に“団子馬”や“張子虎”を飾って、子供たちの健やかな成長を願う「八朔飾り」の風習が伝わっています。

"団子馬"は「馬台」と呼ばれる土台に団子を付けて馬の形を作り、夕方に近所の皆さんへその団子をちぎって振舞うという習わしです。
勇猛でいかにも強そうな”張子虎”は子供たちが丈夫で元気に成長する思いが込められています。

今年は9月7日が旧暦8月1日にあたり、丸亀藩斥候番所で9月12日まで飾りを展示していますので、お越しの際には是非のぞいてみてくださいね。

連日の猛暑が続いていますが、水分や休憩を十分とりながら夏の四国村で新しい発見をお楽しみください。

20210802b.jpg

夏真っ盛り【2021/7/30】

  • 2021-07-30 (金)

20210730c.jpg

ここ数日は35℃以上の猛暑日が続いて、夏真っ盛りの四国村。
時折り吹く風に揺れる風鈴の音色が一層涼しく感じます。

以前よりお知らせしています「古代ハス」は12輪目が開花。
いよいよ蕾の方が少なくなってきましたが、あと4~5輪は美しい花が順次咲きそうです。

20210730a.jpg

散策路沿いでは「浜木綿(はまゆう)」も開花しています。
強い陽射しを跳ね返すような純白の花びらが印象的です。

20210730b.jpg

厳しい暑さの中ですが、休憩や水分をしっかり取りながら夏の四国村散策をお楽しみください。

古代ハス⑦【2021/7/22】

  • 2021-07-22 (木)

20210722b.jpg

昨年は1輪しか咲かなかった古代ハスですが、今年は7輪目が開き始めています。

開花時期が全く予想できない花ではありますが、蕾がほころぶと、初日は少し開いた丸いお椀型で午前中のうちに閉じて、翌日朝に大きく開いてそのまま午後には花期終了に向かうのが今年多く見られるパターンです。

開花や見頃の日を事前にお伝えできれば良いのですが...
予測できないのも古代ハスの魅力で、私たちスタッフも毎日見に行って開花を知る状況です。

現時点でまだ5~6個の蕾があり、しばらくは楽しみが続きそうです。

梅雨明けと同時に猛暑が続いていますが、ハスがある「染ケ滝」は四国村の名物スポットのひとつ。
流れ落ちる水が夏の陽射しにキラキラ輝く、涼を感じる場所ですので、是非ゆっくりとお過ごしください。

20210722a.jpg

梅雨明け【2021/7/19】

  • 2021-07-19 (月)

20210717a.jpg

ようやく四国も梅雨明けが発表されました。

今日は朝から強い陽射しが降り注ぎ、いよいよ夏本番到来を感じます。

かずら橋や散策路では風鈴の音が少し暑さを和らげてくれています。

これからの夏の時期、木陰や水辺も多い四国村ではありますが、水分や休憩も十分採っていただきながら、眩しい緑に包まれた散策をお楽しみくださいませ。

20210717b.jpg

古代ハス⑥【2021/7/18】

  • 2021-07-18 (日)

IMG_6651.jpg

古代ハスの花が次々と開花しています。

今朝大きく開いていたのは今年5輪目。
少し変形した花びらも見られました。

池の奥の方では6輪目も半分ほど開いており、
明日には全開になりそうです。

開花状況のお問い合わせも増えてきましたが、
私たちスタッフもなかなか予想ができない古代ハス。

蕾がはじけそう状態で数日開かなかったり、
まだ堅そうな蕾が翌朝突然咲いていたり、
1日で散るものもあれば2日間咲き続けたり、
朝大きく開いている花が昼には完全に閉じていたり...。

運が良ければ...というのが正直なところですが、
お越しの際には是非「染ケ滝」の下の池の蓮の様子も
見に行ってみてくださいね。

下木家住宅屋根葺き替え完了【2021/7/15】

  • 2021-07-15 (木)

20210715a.jpg

2月から足場に囲まれて屋根の葺き替えが行われていた「下木家住宅」。
先日、作業が終わり、足場も撤収されて従来通りの散策路でご覧いただけるようになっています。

下木家住宅は、徳島県の一宇村から移築された江戸時代建築の国指定重要文化財。
またこれから長い年月をこの新しい屋根で迎えます。

葺いたばかりの茅は本当に美しく目ごたえがあります。
是非、散策途中でゆっくりとご覧になってくださいね。

※下木家住宅では今後、一部にある下屋根の補修工事も実施予定です。

20210715b.jpg

ちなみに、古代ハスは4輪目が開花。
ハスの花と染が滝と下木家住宅の屋根を見ることもできました...

20210715c.jpg

前の10件12|3|45678910次の10件

Home > 四国村情報

Feeds
Archives

Page Top