Home > 開花情報

開花情報 Archive

古代ハスの近況(2018/7/12現在)

  • 2018-07-12 (木)

この時期になると開花状況のお問合せも増える四国村の古代ハス。
年ごとに咲くか咲かないか、いつ咲くか、何輪咲くかが全く予想できず、だからこそ開花を待ちわびるファンも多いハスです。

そして、今年は...
もともと葉の成長が遅れていたのですが、さらに先日の大雨で増え始めていた葉が茎から折れたり倒れて水没したりの状態に。

それでも、大雨が過ぎ、梅雨も明けて少しずつ葉が復活...
でもやはり、今年は花諦めざるを得ないかと思っていました。

20180712a.jpg

そして今日、ふとハスのある染ケ滝へ行ってみると...

20180712b.jpg

数少なくなった葉の中に1つ、小さな蕾をつけた花茎を発見!

たくさん開花する年であれば、ちょうど今頃から4~5日おきに開花が進みますが、今年は大雨の影響でこの状態。

でも、大雨を乗り越えて顔を出したこの花茎が順調に育ち、やがて大きく美しい花を咲かせることを願うとともに、これから8月にかけて1つでも2つでも花が咲いてくれることを祈ります。

また、これからも時期を見ながらお知らせいたします。

アガパンサスに黒アゲハ

  • 2018-06-25 (月)

20180625b.jpg

今年はなぜかアジサイの花つきが例年より少なかったのですが、アジサイと入れ替わるように咲く「アガパンサス」は順調に開花してきました。

今日も気温は30℃を超えて、開花のペースも急ピッチ。
そして、この花が咲くと毎年どこからともなく集まってくるのが”黒アゲハ”です。

20180625a.jpg

花から花へと飛び移り、蜜を吸っている姿を見ると、もう”初夏”ではなく、いよいよ本科的な夏到来を感じる四国村です。


夏至

  • 2018-06-21 (木)

今日6月21日は二十四節気の「夏至(げし)」です。
1年で最も昼間の長く、夜が短い日ですね。

北へ行くほど昼の時間は長くため、北海道と沖縄を比べると、北海道のほうが約1時間半ほど昼間が長くなるそうです。
北極周辺で1日中太陽が沈まない「白夜」となるのもこの頃です。

昔の暮らしの中では、田植え作業がピーク、もしくは一段落した時期。
関西では「農作物がタコの足のように大地に根付くように」と“タコ”を食べ、関東では「収穫した小麦で餅を作り、次の年も豊作を祈って奉納した」のが始まりと言われる“焼き餅”を食べる風習もあり、今でも一部の地域では残っているそうです。

四国村では梅雨の合間にいろいろな生き物たちが活発になるのもこの時期の恒例。

セトウチマイマイと思われるカタツムリが石積みの苔を食べながら歩き回ったり...

20180621a.jpg

シオカラトンボが初夏の陽射しで日光浴したり...

20180621b.jpg

夏至を過ぎると、やがて梅雨も明け、本格的な夏が足早に迫ってきます。

企画展が無事終了

  • 2018-06-18 (月)

昨日6月17日をもちまして企画展「衣~KOROMO~」は無事終了いたしました。最終日となった昨日もたくさんの方にお越しいただき、開催期間を通して本当にたくさんの方々におこしいただき感謝しております。
誠にありがとうございました。

四国村ギャラリーでは6/18~20の3日間、展示替えの為に臨時休館とさせていただきます。6/21(木)からはギャラリー所蔵の美術品をご紹介する常設展をお楽しみいただけます。今回は数あるコレクションの中から、ピカソやボナールの絵画も展示予定ですので、どうぞお楽しみに。

梅雨の真っ只中ですが、雨の合間に村内を周ると眩しいばかりの緑に囲まれます。
瑞々しい生命力に満ちた緑を満喫できるのもこの時期の楽しみのひとつ。
お越しの際には、ぜひ初夏の四国村の散策を満喫してくださいね。

20180618.jpg

新緑が輝く季節

  • 2018-05-25 (金)

20180525green.jpg

花や紅葉の時期もさることながら、今の新緑の季節もまた人気の四国村。
年間パスポートを利用して、ウォーキングを兼ねて散策に来てくださる地元のお客様もいらっしゃいます。
今日はあと少しで30℃、真夏を思わせる陽射しですが、眩しいくらいの新緑と涼しげな水の音のおかげで爽やかに散策を楽しめます。
皆様も是非この緑に囲まれてリフレッシュしに来てくださいね。


春らんまん、ウコン桜も開花(2018.4.3.現在)

  • 2018-04-03 (火)

20180403a.jpg

桜とチューリップがピークを迎え、まさに村内は春らんまん。

そして一昨日からは、ウコン桜の開花も始まりました。

20180403b.jpg

黄色で咲いて、徐々に淡いピンク色に変化する桜。
例年より1週間ほど早い開花で、大雨や強風に見舞われなければ、日毎に色が変わっていく様子を今月中旬までお楽しみいただける予定です。

20180403c.jpg

桜とチューリップの開花状況(2018.3.28.現在)

  • 2018-03-28 (水)

今日3月28日の朝の「桜」と「チューリップ」の様子です。

丸亀藩御用蔵前では...

20180328sakura1.jpg

砂糖しめ小屋周辺でも...

20180328sakura2.jpg

そして、楽しみにしている方も多い桜のトンネルを楽しめる場所...

20180328sakura3.jpg

一番手前にある大きな山桜の木があっという間に満開に近づいており、開花間近の八重桜が咲けばトンネルの完成になります。
そして、この小道を進んでいって振り返ると...

20180328sakura4.jpg

桜の隙間から、屋島の山の南端が見えます。

そして、チューリップを見に行ってみると...

20180328turip.jpg

一昨日は黄色が先行して開花していましたが、黄色に加えて赤やピンク、紫、白の花も咲き広がってきています。

桜もチューリップもたくさんあるので、全体で言うと4~5部咲きではありますが、今日も暖かい陽射しが降り注いで、四国村らしい春爛漫の光景が広がっています。

チューリップの開花状況(2018.3.26.現在)

  • 2018-03-26 (月)

2~3日前まではまだ数えることができるぐらいのチューリップでしたが、今日のお昼前に行ってみると...

20180326turip.jpg

全体で言うとまだ2割程度ですが、それでも綺麗に咲き広がってきています。
昨年は「赤」だけが先行して咲きましたが、今年は今のところ「黄色」が目立ち、赤、紫、白も増えてきているようです。
満開近くなるのはあと1週間ほど先になる予想ですが、そろそろ見応えのある状況になっています。

そして、今日のオススメは...

20180326sumomo.jpg

「李(すもも)」の花です。

村内数カ所にありますが、最も目につくのは四国村ギャラリーへのアプローチ。
見事な枝ぶりの大きな木が、純白の花と黄緑の葉がいっぱいになり、春らしく爽やかな印象です。

今日も快晴、桜の開花もどんどん進む四国村。
春休みの子供たちも元気いっぱい散策を楽しんでくれています。

四国村でも桜が開花

  • 2018-03-25 (日)

20180325sakura_kaika.jpg

昨日3月25日、高松でも桜の開花宣言が発表されました。
各地から続々届く開花のニュースに少し遅れ気味?と感じますが、平年よりは4日早く、昨年と比べると9日も早い開花宣言です。

そして、四国村の桜の開花もスタートしました!

山桜やソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜、そして一番最後に咲くウコン桜...
というように、様々な種類の桜が楽しめるのも四国村の特徴です。

これから3~4週間、村内に桜が広がる春爛漫の時期になります。

20180325sakura_sidare.jpg

3/23 春の花情報(沈丁花など)

  • 2018-03-23 (金)

数日続いた雨も止んで、春の陽射しが戻ってきた四国村。
村内を周ってみると、さらにたくさんの花が開花していました。

まずは、周辺を良い香りで包んでいた沈丁花(ちんちょうげ)...

20180323tintyoge.jpg

地面の低いところで愛嬌のあるムスカリ...

20180323musukari.jpg

華やかでユニークなラッパ水仙...

20180323rappasuisen.jpg

古民家に良く似合う雰囲気のレンギョウ...

20180323rengyo.jpg

そして、ちょっと勇足?のチューリップも数本...

20180323turip.jpg

いよいよ”百花繚乱”とも言える四国村の春の雰囲気が広がっています。
桜、スモモの蕾も大きく膨らんで、あとは弾けるの待つだけ。
しばらく好天も続きそうで、気持ち良い散策がお楽しみいただけます。

前の10件1|2|345678910次の10件

Home > 開花情報

Feeds
Archives

Page Top